綱引のすすめ





鈴小ジュニア綱引クラブ
移転先
  綱引ノススメ

http://blog.goo.ne.jp/suzujr  です。

なにかと、御不自由をお掛けしましたようで・・・

また立ち読み、ちら見していただければ幸いです。

| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 06:50 |
| comments(116) | - |
容量
このブログ
ディスク容量が10MBしかなく、すでにパンパン。

過去の写真を削除したのですが、たいして変わらず…


飽きっぽく、横着者のワタクシが一年も続けられたのは
ひとえに皆様のチラ見のおかげです。

ありがとうございました。


サイトを変え、また新たに一から出直します。


ヒザを打つような、なるほど話も

心に訴える感動秘話もありませんが

コツコツと手前勝手な講釈を垂れ流していく予定です。


またよろしければチラ見してください。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 10:33 |
| comments(18) | - |
熱い!
先の全国大会にて

東北の雄 福島県
「ヤングプラザスポーツ少年団」の代表監督さんと、お話する機会がありました。

礼儀正しく闊達な子供達を率い、10年連続全国大会出場を果たされ
常に上位に位置するチームの監督さんです。

ひとかどならぬ熱い想いを持たれている方で
子供達に懸ける想いが、言葉の端々から溢れ出ます。


準決勝で対戦をした
北海道の「北海アドベンチャー」チーム



試合後
子供達に有難うございましたと頭を下げられ、こちらこそです。

負けたチームに頭を下げることができる子供達…潔さと素晴らしさ。

監督さんのいきとどいた指導力、頭が下がります。

自慢の子供達でしょう。


試合後、涙ながらに語りかける大人の言葉に。

必死で応えようと見つめかえし、涙ながらに返事をする幼い子供達。

あちらこちらで繰り広げられる光景は
見ているだけで熱い想いが伝わります。




世の中、熱いオヤジ達、それに付き合ってくれる殊勝な子供達がたくさんいます。


泥酔した姿は見せれませんが…

うちの地元にも熱いオヤジ陣はいますし
殊勝な子供達もいてくれます。

頑張っていかなあかん。

  
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:33 |
| comments(24) | - |
お願いします
いよいよ明日

我が 『鈴小ジュニア綱引クラブ』 は
9月14日 駒沢オリンピック公園内球技場にて行われる
『2008全日本ジュニア綱引選手権大会』 参加へ向け出発します。  


北は北海道から南は九州大分まで(台湾からの招待チームも含め)
参加総数47チームによる熱戦がくりひろげられる大会です。

我がチームのエントリーしているクラスは参加21チーム。

この中でしのぎを削り 「頂点」 を目指します。


皆様、願わくば
『鈴小ジュニア綱引クラブ』 を応援してやって下さい。

皆様のご声援は
必ず子供達の、勇気となり力となります。

よろしくお願いしますっ!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:26 |
| comments(31) | - |
低学年
精神状態がよろしくない最近の練習。

低学年達の練習している姿が、視界から消えています。

彼ら彼女らを見てやるどころか、声を掛けてやる余裕すらなくなっている。


全国大会が終われば、チビちゃん達に時間をとってやろう。


まだまだ 平和 なちびっ子達です。


今、かかわると確実に泣かしてしまいそうなので…
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:49 |
| comments(12) | - |
ミカラデタサビ
不安だらけで精神的にきついこの時期に、更に追い込まれる出来事が。

まさしく自分の考えの甘さから、仲間の人達の信用までも無くしかけ

嫁ハンの奔走でなんとか収束する方向へ向かいましたが…



私は今まで全てのルールを守り、悪さもせず生きてきたわけではありません。

ましてや聖人君子でも、正義の味方でもありません。

世間では、認められないことでも
許容範囲であれば容認してしまうこともあります。


良きにつけ悪しきにつけ
クラブでの私の言行は、少なからず子供達に影響を及ぼすと思っています。


対象年齢や状況により、言行が変わることもありますが
「belief」
「philosophy」
が私の中で変わることはありません。

信じてもらえないなら、仕方のないことです。

理解されないならそれも仕方のないことです。

いちいち釈明をしてまで、信用や理解を得ようとは思いません。


物差しが違えば、考え方も見え方も違う。

背負うものの大きさが違えば、重さも違う。

投げっぱなし、言いっぱなしでは済まない立場での、責任も違う。

全てわかっているつもりです。


しかし、正義を振りかざした正論を吐くだけが、正しいことなのでしょうか



今回の出来事には
こちらに言い分や勝手な正義はあっても正論で無いのは確かなこと。


私自身のケジメと猛省しかありません。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 22:09 |
| comments(23) | - |
うつつ


鬼気迫るチームを目指し

意志の強さを身体化させたく

その過程では不条理な事柄も内包する。

ただただ、練習を続けます。


個人ではなくチームとしてフィジカルとスキルの充実は
アキレス腱であるメンタルエラーを防いでくれるはず。

しかしながら我がチーム
充実する気配も感じずエラーだらけの現状。


昨日、全国大会の対戦表がFAXされてきました。

情報の皆無な対戦チームを考えて不安を抱くのは、愚の骨頂。

今はチームが抱えている多くの不安を少しでも減らせる方法を考える方が賢明。

頭を抱える、練習の日々

早く うつつ  に戻りたい。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 22:39 |
| comments(22) | - |
ドリームからリディーム
遅ればせながら

オリンピック 男子バスケットボール決勝

アメリカ VS スペイン のビデオ観戦

アメリカチームはもちろんNBA選手のみで構成。

スペインチームもほぼNBA選手で構成。


このスペインチームで
スターターG(ガード)を務めたのが 若干17歳 の高校生

NBAのトッププロ選手に対し
全く物おじせず ガンガン 仕掛け、抜いていくさまは圧巻。

一方アメリカ
宇宙規模の年俸を稼ぐトッププロ選手を束ねるのは、何とカレッジの監督。


原点回帰のコーチング

発想の転換

頂点を目指す起用&プレー

どれをとっても両国の今大会に賭ける強烈なプライドをかいま見ることができる。

結果は、ご存知の通り 
コービー・ブライアント率いる U.S.A の王座奪回


コダワリとシガラミ、協会内のゴタゴタ…
日本は、なにやっとんねん。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:09 |
| comments(18) | - |
日本選手団
柔道 鈴木 桂治 選手
辛さをひた隠し、笑顔で応援をしつづけた姿は立派、これぞ団長。 偉い!

涙と笑顔、日本選手団の帰国そして解団式。


4年に1度のオリンピック

メダルの数や色で、その国の価値が決まるわけではありませんし

その国の 「お行儀」 の良さが推し量れるわけでもありません。

金メダルの大量奪取に成功した開催国を見れば一目瞭然・・・

来月6日からは
パラリンピックが始まります。

健常者も障害者も競技に対する熱い想いは同じ。

弱者と呼ばれる人々を蔑ろにし、圧力をかけ続ける 「お国柄 」の開催国


オリンピック開催の真価を問われる パラリンピックになりそう。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:54 |
| comments(18) | - |
明日は大会
今日は神戸へ練習に。
帰りは どしゃぶり の雨で、ずぶ濡れに・・・

毎度の事ながら、お世話になりました。



さて、明日は大会です

2年生2名
3年生4名
4年生3名
の9名で挑みます。

練習の成果を発揮して

「挨拶」だけは、他のチームに負けないよう頑張りましょう。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 23:12 |
| comments(10) | - |
beijing チームJAPAN
「星野JAPAN」
敗軍の将は兵を語らず

真っ向勝負で負け、スクランブルで負け・・・完敗。


過度のチヤホヤ、過度の期待、完全内弁慶の 「柳本・植田JAPAN」


言語道断 「反町JAPAN」


普段チヤホヤされない
ホッケー 「さくらJAPAN」 には頑張って欲しかった…

全ての試合が接戦。

ディフェンスは悪くない、あとは攻守切り替えスピードの問題か?

4年後が楽しみ。


「ソフトボール 上野?JAPAN」
   
真っ黒に日焼けした ソフトボール娘達の希望
「バック・ソフトボール」

競技自体のスピード感とパワフルさに驚き
ちょっとした儀式(動作)にはチアフルさが溢れ
一挙手一投足には鍛え上げられた俊敏さが見え

そして何より可愛い外国人が多い(関係ないか)。

これが最後とは、勿体ないなぁ。


「なでしこJAPAN」
惜しくもメダル届かず

女子サッカーって
ちょっとづつ、何かが足らん サッカーやろ?と思っていたけど…

なんのなんの女性同士の戦いでも、十分足りてるし、熱いし激しい。

闘将 沢  抜群のテクニック 宮間  恐るべきセンス 柳田

名前を覚えてしまった。


「チームJAPAN」

陸上 4×100m リレー

4年に1回のオリンピックで訪れた
千載一遇のチャンスを掴み取れたのは 実力以外何ものでもない。

すっげー!!


金メダル 一つ とれば、莫大な富と栄誉が与えられる訳では無い
「〜JAPAN」にあって

選手達は何を考え、何を思い、何を背負い戦うのか
凡人の知るよしもない…けど


嬉しさ、喜びは  掛け算
辛さ、苦しみは  割り算


苦楽を共にし、初めて分かち合えるチーム競技。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 17:30 |
| comments(571) | - |
やっとこさ
日本ソフトボール

やっと シトメテ くれた 西山選手。

ギリギリのところでよく踏ん張った 上野選手。

明日アメリカにリベンジし

是非、最後のオリンピックで金メダルを・・
(ソフトボールは今大会で最後の予定)

とにかく、頑張れ!!


ちなみに

上野選手・・明日も投げる気満々

恐るべき、気力、体力・・・バケモノだぁ〜!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:30 |
| comments(23) | - |
意気込み
8月24日  堺市で行われる綱引大会

3・4年生の部 エントリー数 16チーム

5・6年生の部 エントリー数 27チーム

堺市スポーツ振興、堺市綱引連盟の意気込みを感じる参加チームの多さ。


スソノを広げ、子供達が綱引の楽しさを知る 「草の根」 的な大会で

「鈴小ジュニア綱引クラブ」が初めて一勝をあげた大会でもあります。


これからも、継続し続けて欲しい大会のひとつです。


出場チームの子供達、引率される方々
そして応援に来られる保護者の方々も含め

みんなでマナーを守り、楽しく熱い大会になることを期待します。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:30 |
| comments(22) | - |
柔よく剛を制す
「自信をもってやってきたことが間違いだった」

男子柔道 鈴木 桂治 選手の言葉

なんちゅう、辛い言葉・・・

負けたら
今迄やってきたことが間違いだと思ってしまうのか・・・

やっぱりオリンピックは重い。



近い将来、鈴木選手も後進の指導にあたるのでしょう

その時、「ジャケット・レスリング」 や 「JUDO」を教えるのか・・


願わくば

礼節を重んじた 柔の道を

柔よく剛を制す 本来の 「柔道」 を伝えていって欲しい。

間違いだったなんて言わんといてくれ。


凡人の私は、強く思う

「負けることは、否定ではない!」
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 09:29 |
| - | - |
あっぱれ
「すべての努力をして挑みたい」

フェンシング男子 太田 雄貴 選手

初のメダル確定、決勝進出を決めての言葉・・・頑張れ!



女子柔道 上野 雅恵 選手

大会連覇の金メダル・・・すっばらしい!!


今のところ日本の金メダルは 全てが個人の連覇で獲得したもの。

4年越しの連覇・・・天晴れ!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:28 |
| comments(23) | - |
決断
来る日も来る日も

同じ練習を繰り返し 
「てっぺん」 を目指しても

叶わぬ事の方が、圧倒的に多い スポーツの世界。


オリンピック見てたら・・・

練習せなアカンと改めて思う・・・


女子柔道  谷本 歩実 選手  
   
勝ち気な柔道は、気持ちええ

想像を絶する、稽古してきたんやろうなぁ。

2大会連続の 金メダル すげえぇ〜。


女子マラソン  野口 みずき 選手

前回オリンピック金メダルから4年間

舞台に上がることなく・・・出場断念

勝負のスタートラインに立てない

これは、辛すぎる決断。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 23:54 |
| - | - |
きたぁ〜
昨日は
綱引のコーチ陣と暑気払いの飲み会

飲み屋のテレビで見た YAWARAちゃん の準決勝敗退

なんか ふに落ちない判定・・

しかし本日
男子66Kg 内柴 正人 

見事!! 金メダル  きたぁ〜!

2大会連続の金メダル

めっちゃ かっこええ〜やん。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:35 |
| comments(48) | - |
バッシューとTシャツ
息子のバスケットシューズがボロボロで
洗っても洗っても悪臭を撒き散らすので、新規購入のはこびに。

大型スポーツ店へ出かけ
息子と二人シューズ選びをしていると…

店に入った途端、消息を絶っていた嫁ハンが
カゴをぶら下げ近づいて来ました。

「Tシャツ、あんまりええのんないなぁ」
「…」
「なぁ、Tシャツ って、あそこにしか置いてないんかなぁ」
「…」
「なぁ!」

あんまりひつこいので

「あっちにもあったでぇ」 と伝えると
「えっ、ほなちょっと見てくるわ」 と再び消息を絶ち…

また息子と二人静かにシューズ選びをしていると

また、どこからともなく嫁ハンが現れ・・・

「あっちって、どっちなん!」 なぜか、半切れ。
「…」
「ちょー、どこなんって!」 だから、なんで半切れなん?

「ちょっとまちぃな、先ずはシューズ買いにきたんやから
 シューズを先に決めてしまおーや、なっ。
 その後で、探したらええやん。あんたの Tシャツ は」

やっと、己の愚行に気付いたのか…

全く興味のなかった息子のシューズ選びに積極的に参加しだし

なかなか決まらなかったシューズも
やり手の営業マンよろしく、とっとと決めさせてしまい 

「ほんで、どこにあるん? Tシャツ! 」やっぱりそうくるんかぁ…


一番時間がかかったのは、嫁ハンの Tシャツ 選び

ひたすら 
「あーでもない、こーでもない、これのこのサイズないんかなぁ」って。

知るかぁ、俺はここの店員ちゃうわ!


頼むから、はよ決めてくれ…

…1時間後 Tシャツ 2枚購入のはこびに。


そして息子はクツヅレに…
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:28 |
| comments(36) | - |
なでしこJAPAN
北京オリンピック、開会式は8月8日(ちなみに嫁ハンの誕生日)

ひとあし先に サッカーの予選開始

「なでしこジャパン」 惜しくも?なんとか?引き分け

幸先が良いのか悪いのか・・・微妙なところ


なにかと、ややこしい国での開催

同じアジアでも
JAPANは、完全アウェイ

とにかく、頑張ってほしい。

決めたれ、JAPAN!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:50 |
| comments(19) | - |
グチ愚痴
練習への参加不参加は家庭と子供の意志。
こればっかりは、どうすることもできません。

手詰まり状態。


昨日の練習
全国大会1ヶ月前にも関わらず、練習フル参加の選手は僅か6名。

内訳は
一人は旅行中で休み
一人は塾で早退(ヘタレな練習をしていたので時間前終了)
一人はアップ時に気分が悪くなり早々に帰宅。


昨年の事もあり、危惧していたのですが…更にヒドイ状態


全国大会へ出場するにあたり

唯一の約束事  「練習は休まず参加」 

できないなら、やめときましょう。

その時選手の子供達は全員「約束は守れる」と…
保護者にも集まってもらい確認したはず…
 
家庭の用事 > お稽古(塾) > その他日々の事情 > 綱引

しかし優先順位の変動なし。


最初の約束を思い出せ!
なんて、これだけ揃わんと、あほらしくて言う気にもなりません。


「この日とこの日は休みます」 そう言われると、承諾するしかありません。

あとだしジャンケンには勝てませんから。


月曜日の練習は塾の為7時までしか練習出来ない選手の子。
にも関わらず1、2を争う 欠席率。

30分早くから付きっきりで練習しても差がつく一方。

月曜の練習は後5回、そのうち1回は、来れないらしく

なら
「後4回、全てが無理なら何回かでも、都合つけてもらえないか?」と打診

「子供は行きたいみたいですけど、塾がダメって言ってるから、無理です」
って身も蓋もない返答。

「わかりました…」


「約束事を守る」 と言ったのは、あなた達の子供です。

こちらからお願いはしていません(お願いしたのは、女の子一人だけ)。

このメンバーで大会参加するのは間違いなくこれが最後
今後一生涯ありません。

あの時やっとけば…後悔させたくないと思うのは私達スタッフだけなのか?

本当に咀嚼して「YES」って言ったのか?

夏休み期間を跨ぐ事は、最初っから分かっていたはず
それは言い訳にはなりません。

今更戻れない状況の中
子供らの言葉を 鵜呑みにし、信じた方がアホやったのか…

「言うは易く、やるは難し」を痛感。


練習量を確保するための遠征にしてもしかり

先方に連絡を取り、足を運び、お願いをし、日程を調整し…

遠征(練習)に行く事も最初から伝えていたはず
しかし、その遠征でさえもまともに揃わず
揃っても体調不良を理由に途中抜けする者が…何しに行ってるのか

休んで足らん分、どないして補うつもりなん?
補う気なんてサラッサラないの?

未だに、どこに入れたらいいのか分からん選手が居るのが現状。

練習のツケは必ず試合で払わされる。

どないしたらええんやろ。

考えだすと酒量が増える一方…


昨日も新たにOGちゃんが手伝いに来てくれ

OG、OB、達も気にかけてくれていて・・・感謝

OG、OB達を見て、選手達は何も感じないのか…情けない


すいません、最初で最後のグチ愚痴です。

あまりにも・・・で

今後一切

愚痴は言いません。

愚痴は書きません。


この状況をつくりだしたのも
監督の責任です。

まだ、間に合うはずだと信じて
頑張ります。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:20 |
| comments(29) | - |
あかんか
昨日お母さんコーチに

「今度の大会、俺がちびチャンらの監督やろかなぁ」
と軽くジャブを出したところ

「なにぃ?ええとこ取りする気か!」
っと狙いすましたカウンターを喰らい戦意喪失に。

やっぱ あかんか。




昨日の練習では
大会参加予定の子供達が6名しかいなかったにも関わらず
ならべてみたところ、これがなかなか かわいい
(強いではないのが辛いところ)。

監督がダメならトレーナーでも、ええねんけど・・・

しかし、おそらくは
ガンバレ、ガンバレと離れた所から応援することになりそう。


目指せ、1勝!

目指せ、あわよくば2勝!

目指せ、ひょっとしたら予選突破!

目指せ、万が一の入賞!

完璧な ケースバイケース型 4段階目標をたてておいて


頑張れ! 「鈴小ジュニアピヨプヨ」 チーム。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:47 |
| comments(26) | - |
夏合宿
今日から2泊3日の行程で中学生の息子が部活の夏合宿へ


私自身の夏の部活は、ろくな思い出がありません。

まさに「水飲むな!朝からドンブリバチ三杯は飯食え!」の時代。

監督やコーチの「それ本気で言うてんの?」と思わせる理不尽な言動。

きつかったよなぁ〜。

よ〜死なんかったこっちゃ。


あかん思い出したら吐きそうになってきた…


昨年迄、息子の部活は顧問の趣旨で
下手っぴ達はホッタラカシ「見て覚えろ」だったようですが
(見て覚えるなら私は今頃プロ野球選手になっとる)

今年からは顧問も代わり下手っぴ達も「やりながら覚えろ」になり
キツイなりにも充実した部活の時間を送っているようです。

今回の夏合宿、奴はフラフラになって帰って来るのでしょう

きつくても実のある合宿になれば、言う事なし。


綱引出身、フラッグ出身の一年生、おまえらもギガント・頑張れよっ!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:27 |
| comments(95) | - |
参加します
8月24日 堺市で開催される

「2008がんばれ小学生綱引選手権inSAKAI」に

我が 鈴小ジュニア綱引クラブ の4年生以下の子供達が参加します。
(それにしてもダラダラと長い大会名)


夏休み期間中の日曜日開催

人数が揃わず苦心していましたが
新人チャン二名とJコーチの御子息を加え
どうにかこうにか人数が揃い参加することになりました。

大会名よろしく、がんばりましょう。

  
  


昨日嫁ハンに 「アンカー誰がええと思う」 と聞かれ…

誰がやっても大差無いとは思うのですが…

あんまり下の子ら見てないし…

DNAからいくとJコーチの御子息になるのですが
いくらなんでも無茶やし…

「ん〜わからん」


今大会、新人チャンと2年生君を入れ
3・4年生のカテゴリーに出場します。

苦しいとは思いますが、なんとか1勝を
あわよくば予選突破を目論んでいます。

しかし、アンカーも未定

一人ひとりの力量も、あまり理解できていません

にもかかわらず嫁ハンは、もう列ばせたくてしょうがない。

この現状で

「どないせぇちゅうねん!」ってところですが…


一応、考えはあるんです。

それは…秘策にしときます。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:30 |
| comments(511) | - |
明日は練習なり
明日の午前中は仕事の予定

そして夕方から神戸へ練習に・・・

鍛えられて来ましょう。


明日も、あっついんやろなぁ〜。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 22:52 |
| comments(25) | - |
車内
月曜日の遠征、交通手段は車2台。

往復約2.5時間の行程でした。

我がボロボロの愛車には、嫁ハンと男の子達が

Jコーチのピッカピカの愛車には、Kコーチと女の子達が


男の子達は往復とも爆眠


女の子達も爆眠・・・とはいかず

行きは、ペチャクチャ、キャーキャー、しゃべくり大会

帰りは、ジブリ・ソングの大合唱大会…だったそうで。

練習では確か、ヘロヘロになっていたはずの女の子達。

しかし彼女達

練習のしんどさは無かったもんとして車中は楽しめる
割り切りの素早さには、恐れ入る。

将来は立派な 「どやかましいオバハン」 になれること間違いなし!


そら、さすがのJコーチも道間違うっちゅうねん。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:55 |
| comments(22) | - |
お祭り
今日と明日は日頃お世話になっている鈴原小学校で

「第20回 鈴原祭り」が行われます。

記念お祭りだそうで、19日18:00〜19:00には

これまた地元の高校と中学校の吹奏楽部によるセレモニーが
櫓の下で、執り行われる予定です。

お時間がありましたら是非。



6年生以上の子供達へ

久しぶりに、好きなもん食べ放題に飲み放題

腹こわさん程度に、楽しめ なっ!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 13:08 |
| comments(19) | - |
あほらしもないゎ
大分県、教育関係者の汚職事件

新しく赴任した校長が子供たちに発した言葉

「一緒に頑張ろう」

はぁ〜?

なんでおのれらの 「ケツふき」 のために

なんも関係の無い
というより被害者の子供たちが

がんばらな、あかんのじゃ!


許しを乞い
がんばらなあかんのは、どっちやねん!


そんな意識がある限り、善くなるわけがない。

ふざけるなよ!


ほんま、あほらしもないゎ。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:17 |
| comments(19) | - |
キャプテン
苦しい時、きつい時こそ、仲間を鼓舞し

厳しい言葉を受け止め

辛いことも率先し

常に前を向き続け態度で示す

チームメイトから信頼されるキャプテンになって下さい。


頼むぞ アヤカ ちゃん。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:04 |
| comments(34) | - |
なんとかなるのか?
8月24日
「2008がんばれ小学生ジュニア綱引選手権 inSAKAI」 

と非常に長い大会名の大会が堺市で行われます。

ジュニア2・・・ 3・4年生の部 (2年生二人まで登録可能)

ジュニア3・・・ 5・6年生の部(4年生二人まで登録可能)

カテゴリーは2つ。


 我が 「鈴小ジュニア綱引クラブ」 

(5・6年生の部)
ちょっとシビアに先の事を考慮し、不参加。

(3・4年の部)
なんとかなるのか?

決して楽じゃない練習に
真面目に通っている下の学年の子供達。

参加の算段をつけてやりたいところですが
残念ながら人数不足。

そこで子供達、人数が足らないのを知って
クラスの友達を誘っているようです。

その甲斐あって先週から何名かの子供が見学に訪れています。

その子供達が入部してくれれば、下のカテゴリーへの参加は可能となります。

まずは、大会に出てみる、そんなキッカケも悪くないと思うのはこちらの勝手。

見学に来た子供達がどうするか次第・・・


   

夏休み後半の日曜日

毎年恒例の、夏の大会。
真っ黒に日焼けした子供達の、熱い戦いが繰り広げられる大会。

すでに、燃え始めている嫁ハン。

申し込み期限は今週末まで
締め切り期限が迫るなか

ほんまに、なんとかなるのか?
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:30 |
| comments(12) | - |
しむぅ〜
本日 午前中は 
「スポーツクラブ21すずはら」 の体育館事業担当日

午後からは
「フラッグフットボール」 前期最終の練習

ちなみに昨日は
飲み により、午前様

明日は所用のため4:00起き
しかも、その準備に今迄掛かり・・・


はよ寝な しむぅ〜
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:22 |
| comments(15) | - |
息づく

練習前
しょぼいドッジボールを見ては、笑い。

練習中
不甲斐なさに、怒鳴り、へこみ。
可能性を見つけては、ほくそ笑み。

練習後
補強運動を一緒にし、悶絶する。

子供達の成長に添える場所。

そこは、活きづき、生きづき、息づく場所。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:54 |
| comments(17) | - |
早朝特訓
気合の早起き

Quiet Riot − Cum On Feel The Noize

Twisted Sister −We’re Not 
                Gonna Take It


乗りのええ ヘビメタ を聴き
メンタルトレーニングゥ〜

今日は頑張るぞ!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 06:51 |
| comments(20) | - |
頑張っといで
明日の綱引大会

4年生2名を急遽加え、午前中は10名で、午後からは9名で挑みます。

急な召集に応じてくれた2名には感謝。


オープン参加の大会へは
練習の多い子供から召集するのが妥当なところ。

本来なら3年生2名の方が練習参加実績が高いので
メンバーに加えるべきなのですが

大会要項が4年生以上となっているため
4年生2名に声をかけたのが実状。

一昨日の練習でも
4年生が入ると、怪我をしないか心配になる程、ひどい状態に。

久しぶりに見た、危ない引かれかた。


大会に参加する子供達にはコーチの言う事をよく聞いて
怪我なく無事に帰って来てほしい。


練習でやってない事、出来なかった事は
試合でも、できません。

また練習で出来た事でも
試合では出せなかったり、やらせてもらえない場合が多々あります。

しかし、全てが出来ないわけではありません。

出来る事が必ずあります。

その出来る事を一人ひとりが精一杯やれば、それでOKです。

それが今大会参加の最大の目標です。


4年生達も、自分達の出来る事を精一杯やれればそれでええねんから
臆することなく頑張っといで。

この大会をきっかけに子供達に、なにか変化があれば しめたもの。

せっかく行くんやから
なにか学んで帰ってこいよっ!



綱引大会用の準備は完了。

後は、自分の用意だけ

明日は、お互いに 頑張ろうぜ!!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:50 |
| comments(23) | - |
今日この頃


現在、「鈴小ジュニア綱引クラブ」のOB2名が
子供達の指導を手伝ってくれています。

彼らは、綱引クラブの創設期を支えてくれた子達で

ずうたいは、でかくなっても
当時の面影はそのままに かわいい やつらです。

因みに、頭の中身もそのまんま。


やつらが小学生だった当時は、

試合に、出ては負け、出ては負け、の繰り返し。

しかし彼らは、諦めることなく
私をはじめコーチ達を信頼し、キツイ練習にも必死でついて来てくれました。


ほんまに弱かった彼らが
最後の最後、引退試合の大会で優勝した時は、ほんま嬉しかったなぁ。


綱引クラブの礎 となった彼らが

当時の自分達と今の子供達とを重なり合わせ
「思い悩む姿」 は、ほほえましいかぎり。


いっぺん彼らと一緒に、大会参加してみたいと

真剣に思い始めた、今日この頃です。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:35 |
| comments(14) | - |
足元から
期末テストから解放された中学生達が、月曜日の練習から復帰。

中学生達が参加すると
安心感があるのか6年生達が落ち着いた感じになります。

比較的個々の調子も安定しだし、感触的には悪くない。


しかし弱冠心配なのが・・・

月曜日の練習を欠席した男子

調子の波が大きく、練習量にも不安が残る。

かなり危機感をもって練習に取り組まんと、みんなに置いていかれるぞ。


しっかりと足元を固めて練習をしないと
浮ついた状態では、何も身につきません。

地に足つけた練習をしているかどうか

勝負がかった試合で 「もの言う」 のはその部分
怠る者には、何も与えられず、何も残りません。

まずは、意識の足元から・・・

   
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:48 |
| comments(18) | - |
成せばなる
昨日の練習は、低学年の参加が3名と少なかったのですが…

この3名、結構やるようになってきたでは、あ〜りませんか。

普段は 「ぽわ〜ん」 と、ゆるキャラ系丸だしで
常に ボーっとしているのですが

練習が始まると・・・

アップ時から
必死で、お兄ちゃん、お姉ちゃんに付いていこうとしています。

昨日、苦しくて泣きながら頑張っていた、女の子ちゃん

よー踏ん張った!

今は辛く、苦しくても、絶対に強くなるよ、大丈夫や!

今はできなくても、必ずできるようになるよ、大丈夫や!

コツコツ練習してきた子供達は、確実に成長しています。

成せばなるや。


子供達の芽吹きは
私達大人にとって期待が膨らむところであり
嬉しくもあり、楽しみなところ。

子供達にしても
期待される事が、頑張れる原動力にもなり、励みにもなるのでしょう。


しかし過度の期待は、全ての者を狂わせかねません。

とりあえず今のところは 「期待してまっせ」 程度にしときましょ。

    


6年男子、昨日は絶好調
スランプ脱出か?!

しかし

全面的な信用は危険なので、こちらも 「たのんまっせ」 程度にしときます。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:05 |
| comments(0) | - |
心配
笑かすぐらい、いろんな物を体育館に置いて帰る、小2男子。

子供達が帰った体育館に

ポツンと水筒が

ポツンとタオルが

ポツンとトレーナーが


誰のやつや? 小2男子の名前が…


彼は将来

電車に乗れば 傘を忘れ

風呂屋に行けば 時計を忘れ

飲み屋に行けば 携帯を忘れ

メモした紙を会社に忘れる。

誰かとソックリな大人になりそうで心配です。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:43 |
| comments(1) | - |
以心伝心
子供達に言葉で説明するのは、なかなか難しく。

やって見せても、個々の意識するポイントが変われば見方も変わる。

当然ながら理解するスピード、深さ、にも差が生じる。



ツボを外すのが得意な子供達。

ツボをえた説明が不得意な私。

どっちもどっちか。

子供達の動きには
嫁ハンにサロンパスを貼ってもらった時のような
「微妙にそこちゃうねんけど」 的感覚が常にある。

いつの日か「そや、わしの言いたいのは、そこや!」っと言うことが出来るのか。


以心伝心までは、程遠い道のりだ。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:55 |
| comments(4) | - |
えらいっ!
我が綱引クラブ屈指のパワーファイター・・コトコちゃん


「肉食一筋!」 だった彼女

最近は嫌いな野菜も涙ながらに、食べているとか。

「えらいっ!」 

練習中、一番声が出るようになってきたのは、野菜効果か?

綱引をやり始めたのが、同学年の子供達より遅かったので
「まだまだ」の部分の方が多いのですが

これで強くなるならと
レタスでも、ほうれん草でも…

緑黄色野菜ども、かかってこんかい!ってところか。

  


偏食家で主に麦酒を好むオッサンのもと

偏食を治し、引き締まっていく子供達

それを横目に、だらし無く成長を続けるオッサンの腹まわり。


誰か私を叱って下さい。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:19 |
| comments(6) | - |
トライやる終了
よっぽど楽しかったのか
前日から 「トライやる、も〜おわりやぁ。もっと行きたいなぁ」
と嘆く息子。

やんちゃ盛りの園児達に囲まれて

笑かす悩みを抱えながらも貴重な体験が出来た一週間。

誰に対しても、分け隔て無く全力で接してくれる園児達。

温かく見守ってくれた保育士さん達。

ヤツは身をよじる「一期一会」を体感したようです。

感謝感謝です。


この経験を、これからの生活に少しでも活かさないと、バチ があたります。

手始めに、もうすぐ始まる 期末テスト 
ここでさっそく活かしてみるか…のぉ息子よ!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:10 |
| comments(25) | - |
トライやる・ウィーク
中学生の息子がトライやる・ウィークの真っ最中。


トライやる・ウィークとは…
地元の企業、商店、施設、その他様々な職業を
中学生が一週間だけ体験する  職業体験イベント


息子は何を思ったか
保育士体験を希望し、毎朝保育園へ通勤?中。


園児たちに、○○お兄ちゃんと呼ばれ
引っ張りだこらしく、まんざらでもないご様子。

今、ヤツの悩みは「園児達がなかなか お昼寝 してくれない」事らしいです。


斜に構えだす年代の中学生

そんな事は、まったくおかまいなしに
じゃれついてくるエネルギッシュな園児たち。


ヤツは、斜に構える余裕を与えてくれない
園児達のパワーにタジタジのもよう。


毎日 へろへろ になって帰宅するそうで
私が帰宅すると必ず爆眠しています。

こちらは、寝付き抜群の中学生です。


保育士の方々、園児達、
大変だと思いますが、あと二日間ヤツを鍛えてやって下さい。

よろしく、お願いいたします。

まさしく
トライやる・ウィーク
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:24 |
| comments(18) | - |
おそるべき
スピード社製のレーザー・レーサー

0・99秒も世界記録を塗り替えた
男子200m平泳ぎ の北島 康介選手

先日 「泳ぐのは選手だ」とプリントされた Tシャツを着ていたような

そして 「穿くのはLRだ」 と続くのか…

オリンピックの大舞台。

各国の水泳連盟と各メーカーとのせめぎあいも激化中。


スポンサー契約も吹っ飛ばす

おそるべき 「海パン」 の出現だ。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:51 |
| comments(7) | - |
ヒナ
一昨日の練習に

4年生以下の子供達が多数参加。

練習に参加する。

クラブに入部しているなら、しごく当たり前の事なんですが…

練習時間が、家庭ではちょうど忙しい時間帯。

子供の送迎ひとつをとってみても大変なのは分かります。
(これは下の学年に限ったことではありませんが)

できれば、月曜日と木曜日 の練習時間を
生活リズムの中に入れて頂ければ、有り難いことろ。


しかし、練習をするのは子供達。親ではありません。

親は親、子は子、です。

やるべき事はやる
守るべき事は守る
叱るべき事は叱る
誉めるべき事は誉める

子供達に対し、決してベンチャラは言いませんし
やって下さいとお願いもしません。

しかし、やる気のある子供達は大歓迎です。


下の学年の子供達と、共に過ごす時間が増えるとしんどい事も多いでのすが
やつらには、それよりも遥かに多くの楽しみを与えてもらえます。

まだまだ、ふ化したての 「ヒナ」 達です。

しかしいつかこの 「ヒナ」 達も成長し

大きく飛躍してくれる日が来る事を楽しみにしときます…。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 12:13 |
| comments(0) | - |
難しい
政治は難しい

衆議院議員 市村 浩一郎 代議士 と

なんと 「とりっく はうす」 で遭遇


秘書の方も事務局長の方も ナイスガイ


しっかし政治は難しいなぁ〜。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 23:16 |
| comments(14) | - |
けむたい
成人識別カード タスポ がないと
自販機でタバコが買えない。

はよ申し込まな・・・

ほんま、めんどくさい。

だいたい 「教育上よろしくない」 ガキどもが
大人のマネゴトで酒、煙草を試してみたいちゅうのは、健全な証。

「教育上よろしい」とお墨付きをもらい
キタナイモノにはフタをされ、無菌室で育った、お子ちゃまが
二十歳になった途端 急に酒や煙草に手を出す方が 健全でないような気がする。

とは言うものの
法令を遵守しない 「確信犯のガキども」 のおかげで
めんどくさい事になったのは、事実。

ほんま、うっとうしい。

大人のマネゴトをするトゲトゲしいガキは
いつの時代も大人にとって 「けむたい奴ら」 なんでしょう。


愛煙家の一人から一言…

金も掛かるし、身体に悪い

世間から煙たがられる 「タバコ」 なんかやめとけ。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:20 |
| comments(0) | - |
英語
英語の授業が小学校から取り入れられるそうです。

わたくし何を隠そう
中学から大学2年まで約8年間、英語の授業を受けていましたが
情けないことに、話せない、読めない、聞き取れない、の三重苦。

中学から高校へかけて
英語の授業はほぼ毎日1時間はあったような気がします。

当時は当然土曜日も授業はありましたし。

にもかかわらず、あきませんでした。

例えば、ピアノ
例えば、野球
例えば、理科
例えば、算数(数学)

毎日ちょっことづつでも8年間やれば
個人差はあれど 「ちったぁ 」 出来るようになるもんです。

8年間毎日野球をやっていてキャッチボールも出来ないなんてありえない。

それが英語に関しては、この有様。

センスが無いとか苦手とかのレベルではなく、英語が無理 なんだと思います。


日本の小学生に
何を目指して欲しいのか?


早くやり始める事よりも
ちったぁ 何とかなるような 「方法」 の方が大事なんじゃないか?
と思うのは、落ちこぼれだけかなぁ

頑張れ小学生達
グローバル化の名のもと 目指せアメリカ人!

こりゃ小学生やるのも、大変やわぁ。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:41 |
| comments(0) | - |
ぴっかぴか

子供達のかばんが、 ぴっかぴか の てっかてか。

エナメル質でビニール製のかばんが大流行。

最近では低学年の子供達もチラホラ所持するように。

お兄ちゃん、お姉ちゃんが持っているのを見て
「かっちょえ〜」と思って親に買ってもらったのでしょう。

生意気なっ。


だいたい親も親
子供を甘やかしすぎ

「かばん?贅沢な、そんなもんスーパーの袋で十分や」

ぐらいの事は言わないと。


「えっ?自分の子供はどないやねんって?」

えっ、うちの息子ですか?

もちろん持ってますよ 「ぴっかぴか の てっかてか」 を・・・


甘くてすいません。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:25 |
| comments(20) | - |
こつこつ
知らん間に身についているのが 「力 」

見ちがえるように とはいきませんが
6年生達、確実に力を付けてきています。


今すべき事は何か
何のためにしているのか

しっかりと理解し、こつこつと。

   


子供達と補強運動を一緒にやると

それだけで へばって いるのは、私をはじめコーチ達の方

子供達は ケロ っとしとる。

私達が しょぼい のか?
子供達に 力 が付いてきたのか?

どちらも 正解 なんでしょう。


「やせ我慢」 対 「余裕」

負けてられません。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:27 |
| comments(0) | - |
ゲーム
  

長距離移動の持ち物…

子供8人中8人が、任天堂DSを持って来ていました。

100%の所持率。恐るべしDS。

トランプだとかマグネット付きの将棋、オセロなんかは
誰一人持っていませんでした。

今は、こんなもんなんでしょう。


現実にやり取りをするリアルな勝敗ゲームより

バーチャルな非現実的勝敗ゲームの方が楽しいのでしょうか。

皮膚感覚と洞察力を駆使した 「ババヌキ」

相手の裏をかき、意地悪合戦の 「7並べ」

オッモロ〜なはずやのに。


勝負勘や勝負根性が薄い最近の子供達。

ここらへんにも原因があるのでは?
と思わされた、遠征でした。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:25 |
| comments(18) | - |
目標
「第4回青少年アウトドア綱引大会」に参加するため
明日、栃木県大田原市へ行ってきます。

〈参加コンセプト〉
公共交通機関及び公共宿舎での、お行儀向上!

〈大会目標〉
ええカッコすること。 

どのチームよりも目立つこと。 

あわよくば一勝すること。


ジュニアのアウトドア
子供達にはスパイクの方が適しているのは百も承知

しかし履き慣れないアウトドア用シューズを、あえて履かすのも

ユニホームを揃えたのも

全てこれ ええカッコ するため。


体重差が100kg近くはあるであろう相手に勝てる術は無く。


ならばカッコだけでも決めて
ステディまでは圧勝
プルがかかれば完敗
でもええんじゃないか

という訳で上記目標となりました。


目標を目指し
明日と明後日は、ひたすら楽しみましょう!

皆様
子供達が目標達成できますよう
なまあたたかく見守ってやって下さい。


追伸・・・    
アス フラッグ ヤスミマス
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:00 |
| comments(16) | - |
一番喜んでいるのは


新米コーチの加入を一番喜んでいるのは、Jコーチでしょう。

コーチ内二人目の巨人ファン誕生とあって

「巨人の調子よかったら、名古屋ドームへ 巨人VS中日 見に行こか」
と誘うのも、うなずける話。

関西では、なかなか観戦出来ない巨人戦。

二人のコーチのためにも、ジャイアンツ君調子あげたってや。


因みにタイガースファンの私は
ひっじょ〜に高いところから今年のジャイアンツ君を見下させて頂いております。

あしからず。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:57 |
| comments(8) | - |
新米コーチ


数年前に卒業をした高校生君が
後輩達の練習につきあってくれています。

小、中、高 と野球をやってきたのですが
(小学生の時は野球と綱引を両立させていました)

この度、晴れて野球部を退部したそうで…

いろいろとあったのでしょう…


今後、彼には5年生達の面倒をみてもらう事になっています。

目標を変更せざるおえなくなった5年生達と
好きな野球を辞めざるおえなかった彼が
共に練習をすることで、どちらもより成長することを期待しています。


部活を辞めて、綱引に顔を出した彼に

私をはじめコーチ陣から

「部活辞めたんやって。まぁそれはそれで、ええんとちゃうか。
 そんなことより辞めたんやったら、さっさと綱引こんかい!」って。

彼いわく
「部活辞めた事に対して、喜ばれたのも、アテにされたのも、初めてや」っと。

部活がなんじゃい。

誰にでも 必ず アテにされる場所はある。

子供達と接して、何か感じとれば
また何かが生まれる。

頼むぞ、新米コーチ。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:35 |
| comments(21) | - |
5月12日 本日の練習


本日子供達に提示した結論。

これは、かなり悩んだ末に出した結論でした。

個々のレベル差、意識差、モチベーション。
練習量と質。
チームと個のバランス。 チーム事情・・・

その他諸々の事一つ一つで迷いました。


しかしながらコーチ達と共通認識のもと
合致した結論なので私自身納得しています。


本当の意味で結果がでるのは、まだまだ先の事。

それまでは、ジタバタしまくり、あがき続け、やれるだけのことは全てやる。

それだけです。


常に自分の力を出し切る練習をすれば
自分自身にも、チームにも、必ず厚みや底力がついていきます。

出し切ることを恐れるな。

それが 「ものをいう」 競技の世界ですから。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:57 |
| comments(12) | - |
虎の穴 見学


本日は夕方から子供達を連れて
コベルコ科研さん のアウトドア練習を見学に。

練習場所である神戸市の、とある高架下

まさしく、そこは 「虎の穴」 そのもの

猛獣とかした、お姉様方の練習を
借りてきた猫のようにおとなしく見学していた子供達。

ええ勉強になったでしょう。


コベルコの皆様

お邪魔しました。

また、アウトドア用シューズまで貸していただき

ありがとうございました。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:46 |
| comments(14) | - |
ユニホーム


アウトドアの大会を18日に控え
アウトドア用のユニホームを新調(シャツとキャップだけですが)。

昨日の練習前

早速子供達に着せてみたところ、これが思ってた以上にかわいいので
「あんたは、ストーカーかっ!」っと
嫁ハンに言われながらも、写メ写メ。

あっちこっちで探し回って、やっと見つけたお揃いのシャツとキャップ。

けっして「ピザ屋のアルバイト店員募集!」のポスターではありません。

黒でビシッ!っときめてるんです。


鈴小ジュニア綱引クラブ

またの名を 「かゆみ止め軍団」
(なぜ、かゆみ止め軍団なのか子供達には分かるはず)

奴らはユニホームに負けない活躍をしてくれるのでしょうか?
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:48 |
| comments(19) | - |
顧問
娘が部活でやっている、バレーボールの試合が頻繁にあり
最近よく応援に出掛けてます。

やはり見応えがあるのは、バレー部の顧問

試合を見るより顧問を見てる方がオモロイ時もしばしば。

特に私のお気に入りは

完全に 「クラッシュ」 していまっているタイプの顧問。

このタイプが試合会場にいると
一挙手一投足が気になって、目が離せなくなります。

端で見てると、ひっくり反って笑えますが
当事者の子供達はたまらんでしょう。

まぁー、部活の思い出としたら、最高の部類に入る顧問ですから。

今は顔を合わすのもいやでしょうが
卒業してから会うのを楽しみに、大切に 育てて やって下さい。

大人になって再会すると、案外ええ奴で、酒をおごってくれたりもしますよ。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:14 |
| comments(1) | - |
練習試合
   

今日は昼から、バレーボールの練習試合を見学に。

監督不在の、娘のチーム(監督は、ヘルニアで入院中)

ミスを責めまくる監督率いる、地元中学チーム

なんとも、もやもやした練習試合でした。

いちいち自チームのミスを責め立て、試合をとめる監督には
相手チームのことも考えた行動をとってもらいたい。

ポイントを取られるたびに怒なり散し
その間、相手チームは待たされてるんですよ。


監督不在も困ったもんで

なんか、フアフア
安定感と落ち着きがありません。

ん〜

なんか、どちらのチームも目的が見えない

もったいない練習試合。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:14 |
| comments(18) | - |
5月5日 本日の練習


本日は 「こどもの日」

第60回 らしいです。

ゴールデンウィーク中の練習とあって
子供達の参加は少なかったのですが、かなり納得の練習内容でした。

う〜ん え〜んじゃないかい。


まだまだ、伸び代タップリの子供達です。

連休ぼけ、 にならんよう
私自信も 「ネジ」 を巻き直し、気合入れていきます。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 22:12 |
| comments(0) | - |
含有率
現在 綱引クラブ5・6年生

男の子が5人、女の子が4人。
にもかかわらず男の子、女の子に圧倒されぎみ。

含有率50%以上の男ども。
ジュースで言えば、果汁50%以上

何とも微妙なパーセント。

頑張れ、果汁ども。


 

口では必ず言い負かされる、男の子達。

まぁ確かに、やつらの話は、何言うてるかようわからん。

何かと言えば 「お母さんがな…」って
甘えん坊丸出しの言い訳ばかり。

そら、将来のお母さん候補生の女の子達には、かなうはずがない。

これは含有率以前の問題か。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:53 |
| comments(1) | - |
1対1
大人から見れば 1人 対 複数人 であっても

子供から見れば 1人 対 1人

一人ひとりが、こちらを実によく見てます。

私も子供と対するときは
常に 1人 対 1人 の気持ちで
立ち向かっているつもりです。

 


短期的な結論を出す時が迫ってきています。

言い訳は通用しません。

怠け心も通用しません。


なかなか、出しかねている結論。

スタッツだけなら、ほとんどの子供がダメ。

一人ひとりについて、考察した結論を出さなければ…

ひじょ〜に、難しい。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:41 |
| comments(7) | - |
楽しみに
Nコーチの会社に
鈴小ジュニア綱引クラブ卒業生の子が入社してきたらしく。

Nコーチ全く気付かずに話をしていたところ

「鈴小で綱引やってましたよ」っと言われ 
「えっ!」 っとなったそうで。 

はよ、気付けよ!

とは言うものの、クラブを卒業して6年。

当時の幼さは消え、立派な青年になっていたらしく。

気付かなくてもしゃあないか。

しかし、綱引を覚えていてくれたとは、嬉しいことです。

時間があれば、また顔を出してくれるでしょう。


「卒業生達とチームを組んで、綱引をする」 のも夢ではなくなりつつあります。

その時は、バリバリの補欠でもかまいません。

打ち上げの飲み会は、バリバリのレギュラーを張るつもりですから。


綱引競技はマイナーで、競技を知らない人の方がはるかに多い。

メジャー競技では考えられないような
日頃からの地道な(草の根運動的な)手段があり、活動があり

やっとこさ、ささやかな楽しみを持てるようになります。


創設以来の 「夢」 もいつか叶う日がくるはず

楽しみにしとこ。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:56 |
| comments(1) | - |
見る力

  

進歩するためには

競い合うこと (足の引っ張り合いではなく)

気持ちの持久力を持つこと

そして、見ること

ただ漠然と見るのではなく
いいところを真似る。 盗む。

かなりの、洞察力が必要です。

目ん玉ひんむいて、頭使って、見なければ
盗むことができません。

頭の中でイメージが描けるぐらい、見ることができれば
洞察力が養われ、必ず進歩します。

見る力も能力です。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:31 |
| - | - |
アウトドア綱引
 
5月18日に栃木県大田原市で行われる

第4回全国青少年アウトドア綱引競技大会へ出場することになりました。

過去3回出場したのですが全て予選敗退。

トータル成績…2勝多敗

なんとか今年こそ
予選突破を目指し、栃木県へ乗り込みたい。

ジュニアの部(5・6年生) トータル体重 400kg以下にエントリー

うちの子供達  トータル体重 300kg

前途多難な体重差ですが

出場する限りは  頑張りましょう! 楽しみましょう!


それと本年度は

大人の全日本アウトドアと同日開催。

ほんまもんのアウトドア綱引が見れる。

これも、楽しみ。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:09 |
| comments(15) | - |
真面目


子供達に感じる事。

真面目。

この真面目、合理的で自分が決めたサークルを越えてこない。

この真面目、自分に対してで、相対性がない。

この真面目、なんか事務的。

抑圧された真面目に感じる。

やはり、私達、大人の影響なのでしょう。


泥くさいと言われても、無理やと言われても。

やれるとこまでやったるわぁ、が欲しいところ。

できなかっても、それはそれ。
やろうとした事実は消えません。

穴ぼこにはまっても、トゲが刺さっても、ええやん。

子供達には、もっと 「ごんた」 な部分が必要。


なんか寂しい真面目さです。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:15 |
| comments(17) | - |
流れ
娘のバレーボールの大会を応援に

なかなか流れをつかめず、あいての流れをかえれず
負けてしまいました。

難しいものです。

負けて泣いている選手達を見ていて
宿題をだしたくなりました。

毎日
ノートに 「根性」 と2万回書くこと
スクワットを2万回すること

それでも負けたら
ノートに 「努力」 と3万回書くこと
反復横跳を3万回すること

それでも負けたら・・・もっとやる

負けて泣くのは、まだ早い!!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:13 |
| comments(4) | - |
遅刻

昨日の練習に
3・4年生が3名参加していました。

スワンホール体育館での練習は初参加です。

一緒に来たのでしょう3名共、いきなり遅刻でした。


練習は、始まる時間も終わる時間も決まっています。

それにあわせて、練習の内容も組み立てています。

適当にしているわけではありません。

自分で体操をして、アップして ・・・
まだまだできない3人ちゃん

コーチ一人が付きっきりになります。

練習の組み立てが崩れます。


「来たよ、私達は何をしたらええのん」って
遅れて来た焦躁感もなく。

当たり前の遅刻なの?

君たちは、お客さんじゃないよ。


遅刻するぐらいなら、参加しない方がよいのか?

遅刻しても、参加した方が良いのか?

難しいところです。


私は参加すべき派ですが・・

しかしあくまでも時間厳守のルールを守ろうとしたうえで
遅れてしまう行為であればです。

そこんとこ、お間違いのなきよう。


週2回しか練習がありません。

一回々々を、もっと大事にしてほしい。

これは、みんなに言えることです。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:25 |
| comments(14) | - |
ジンクス
競技をしていると
何かと縁起をかつぎたくなるもの

右足から、左手から・・・さまざまです。


全日本ジュニア綱引選手権大会の時は

 「炸裂」 と書かれた鉢巻を
ファーストプラーの頭と、アンカーのヘルメットに
必ず私自身が巻きます。

これを、巻くときに・・・

これ以上は書けません
私のジンクスが崩れてしまいそうなので・・

そしてチームの勝利を目指し
これからも縁起をかつぎ続けるでしょう。

子供達は、そんなもん必要ないと言うかもしれませんが・・・


   
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:47 |
| comments(7) | - |
ほめる


選手は、ホメて育てる

わかってはいるのですが

見事に、ホメ下手。


チーム内には笑顔が必要

わかってはいるのですが

見事に、ムスッと。


わかっちゃいるんですよ、頭では。

やな、オヤジ。


子供達に
ベンチャラも言わない
ご機嫌も伺わない


でも

一人一人のことは、しっかりと見ているつもり。

たまには、よしよし、しているつもり。


これが、精一杯。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:15 |
| comments(10) | - |
監督として


うちのチームの子供達から

優しいと思われているのは、N、J両コーチ。

慕われ、ているのは お母さんコーチ。

不思議に思われているのはKコーチ。   

そして、恐れられているのは、監督の私。

監督であるかぎり、恐れられてもかまいません。
基本的な信頼さえ勝ちとっていれば…

子供達が ‘一番’ 信頼しているのは、もちろん監督の私です。

ベスト オブ シンライ です!

えっ?子供達に聞いてみろって? 

いやいや、そんなこと、わざわざ聞かなくても
私クラス(どんなクラスや!)になると、わかるんですよ、目を見れば…

ほら、あの目を…

たぶん…   きっと…


お前らぁ〜
目でNコーチとかJコーチとか言うな!

泣くぞ!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:19 |
| comments(6) | - |
おあずけ

兄貴 金本
生みの苦しみか? 2000本安打まで あと1本

あ〜今日も、おあずけ。

明日、雨で中止なら
横浜へ行ってしまうタイガース

明日中止になるなら
15日から甲子園での広島戦まで待ちます。

打たなくても、打率ばば下がりでも
私は、我慢します。

阪神ファンは我慢強いのです。

是非、是非、新装甲子園で2000本目を。

たのんます、兄貴 !
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:53 |
| comments(12) | - |
解説
先月テレビ放送された
全日本綱引選手権大会のビデオを見ていた女の子チャン。

生意気にも、親に解説しながら見ていたそうで。

私も、かわいい副音声を聞きながら試合を見てみたい。

さぞ楽しいことだろう
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:57 |
| comments(2) | - |
祝 ご入学
本日は、鈴原小学校の入学式。

ピッカピカの一年生諸君、ご入学おめでとう!

綱引クラブへの御入部、心よりお待ちしております。
〈鈴小ジュニア綱引クラブ 一同〉

いらっしゃいませませです。

昨日の風雨に負けず咲き誇る  根性桜  を見上げてススメ!


大きな夢と希望と可能性が詰まった子供達。

学校生活の はじまり、はじまり・・・
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:10 |
| comments(2) | - |
模範解答
本日の朝刊に

2006年9月 北海道で
「教員採用試験の面接官用資料が、事前に漏洩していた」
っという、ふざけた記事が…

教師になりたいって、公務員として就職したいってことなんでしょうか?

聖職者と呼ばれたのは、今は昔の話なのでしょうか?


もし、事前に試験内容を知り得る機会があったとしても

断固 NO と言える者だけが
子供達に NO を教える事ができるはずです。

NOと言えず
卑怯な模範解答を用意し採用された者は、即刻辞めるべきです。
それを見抜けず、合格させた試験官も


だいたい、子供も家庭も千差万別
「場面指導」 に模範解答なんかあるのだろうか・・・


卑怯な手段で採用された教師に対し
「先生」 と呼ぶことを強要させられる子供達は、悲惨。


どの先生も素晴らしいですと宣うのは学校側の常。

ええ先生にあたって欲しいと願うのは、親側の常。

この溝は、深刻に深い。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:12 |
| comments(41) | - |
にっこり
昨日、お花見の準備をして自宅を出たところ

綱引クラブOB ピッカピカのサラリーマン君と偶然出会い

「そっかぁー、ネクタイしめてスーツ着て
お前も働きだしたんやなぁー
またゆっくり飯でも行こや。」

「うん、ええでー。」  相変わらず軽いのぅ。

でもなんか、にっこり。


お花見には
OGちゃん三名が参加してくれ、華を添えてくれました。

綱引クラブの一時代を築き上げた彼女達も、もう中三です。

お姉ちゃんになっても、トボケタ言動は昔のまんま。受験大丈夫か?
( 大丈夫 を 大夫丈 と書いた女の子もきてくれていました)

ここでも、にっこり。


帰宅後
知り合いの方の親族に不幸があり、お通夜へ。

ここで、OB兄弟と久しぶりに、会えました。

弟君は、ちょくちょく会うのですが

兄ちゃんの方は、ここ何年間か体調を崩し
大変苦労をしていると聞き及んでいました。

久しぶりに会えたうれしさから
場所柄もわきまえず、酒臭いのも忘れ、ついつい話しこんでしまいました。

元気そうでよかった。  たまには顔出せよ。  踏ん張れよ。

ここでは、隠れて、にっこり。


昨日は、普段なかなか会えない
OB、OG、達とたくさん会うことがで にっこり しっぱなし。

彼等彼女等は、幾つになっても、環境が変わっても
私にとっては、暖かく、優しく、かわいく、いとおしい存在です。 

昨日は
偶然がかさなっただけなのか
はたまた何か必然性があったのか 

どちらにせよ じ〜ん ときた、幸せな一日でした。

こんな日もあるんやなぁ。  感謝・・


   


〜遅ればせながら感謝〜   

つかもっさん、さっきやまさん  
沢山の差し入れありがとうございました。

お花見参加者一同に成りかわり、御礼申し上げます。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:04 |
| comments(2) | - |
サクラ サク
新学年がスタート
とは、いうものの子供達は春休みでピンときていない様子。

学校が始まり
教室が変わり
隣には、見知らぬクラスメイト
新学期を感じるのは、それからかな。

本日は、子供達、OB、OG、すたっふぅ〜とお花見。

咲きほこる桜と子供達
華やかなOGちゃん達を肴に
(OB達は、むさ苦しいので視界から外し)
酒を飲む。

このうえなく、贅沢。



現役の子供達、OB、OG、すたっふぅ〜
一同に

満開の サクラ サク

「鈴小ジュニア綱引クラブ」

新年度のスタート!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 22:17 |
| comments(7) | - |
開幕
開幕5連勝 
堂々首位の我らが 「阪神タイガース」     

最高のスタートをきり。 今年こそ!


名刺代わりの5打点新井。

ガッツ溢れる平野。   

赤 平コンビの起動力。 

兄貴金本、JFKはもちろん健在。

負け方忘れたわぁ〜! 

阪神ファンは
10人寄れば、10人が
100人寄れば、100人が
質は違えど 皆、ちょっとうるさい監督です。

ルー・フォード?
葛城 育郎、桜井 広大、つこたれよ。

ちょっとうるさい 監督達を
黙らせ唸らせる采配を 頼んまっせ、岡田監督。

未だ春の来ない、5連敗
宿敵 ジャイアンツ
(因みに、売り出し中の 坂本 勇人は地元伊丹市出身。)

淡々と白星を重ねる
オレ竜 ドラゴンズ

宮本を中心に高校球児のように燃えている
ダークホース スワローズ


ペナントレースは始まったばかり、頼むぞ 我らの

阪神タイガース!

  
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:52 |
| comments(13) | - |
April Fool
普段から子供達をおちょくり嘘をよくついていますので
あらたまって「嘘ついてもええでぇ」っと言われると、なかなか難しい。

過去についた嘘の中でも
子供達が一番引っ掛かってくれたのは
「玉ねぎ」 を 「チューリップの球根」 ですよって
子供達にプレゼントした時。

これは、かなり騙されてくれ、収束するのに時間がかかった嘘でした。

嘘のレベルが低いのか
子供達も5,6年生になると
なかなか騙されてくれませんし、乗ってもきてくれません。

今に Level 5 の嘘を放りこんだるから、用心しとけよ。


やっぱり、おちょくりがいがあるのは低学年。

ちょっとした嘘にも、身体全体を使って、敏感に反応を示してくれ
やり甲斐(嘘のつきがい)を感じます。

ちゃんと騙されてくれます。

ピュアです。

すれたオッサンは嬉しです。
これからも、お願いします。


〜付録〜

非常に私事ですが
本日4月1日は18回目の結婚記念日。

これは、嘘のようなホントの話。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:51 |
| comments(0) | - |
かに
とぉ〜れっ!とれっ!ピィ〜チッ!ピチッ!
かにりょうりぃ〜!

おなか一杯! 

| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:18 |
| comments(7) | - |
卒業文集
先日、今年鈴原小学校を卒業したある女の子に
卒業文集を見せてもらう機会がありました。

フラッグフットボールの子供の作文は
将来アメフトの選手を目指し、そのためにも勉強を頑張ります。
とHC泣かせの素晴らしい文面でした。  

感動しました。


かたや綱引クラブの子供の作文。

きったない字なのは、目をつぶるとしても

字を間違うなよっ!えー!

それもよりによって

三年生の時からやってきた 綱引


この期に及んで 鋼引 と書くとは

なんちゅうこっちゃ、恥ずかしわい。


しかも文中に三回も四回も鋼引、鋼引って出てきて。

鋼引ってなんじゃい!

先生、お願いやから
ちゃんと一人々々の作文に目を通し、添削してあげて下さいよ。

卒業文集ですよ。

一生彼は、 綱引 じゃなく 鋼引 をしていたと思われますやん。

漢字が弱いのは、綱引クラブの伝統か。

しかしそこは間違ったらあかんやろ。

久しぶりに凹みました。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:38 |
| comments(13) | - |
卒業式
本日は鈴原小学校の卒業式。

あいにくの雨模様。

式典は見に行けなっかたのですが
綱引クラブの卒業生2名は 「バッシ」 っと
決めてくれたことでしょう。

3年生の時から見てきた2人
幼かった彼らも、お兄ちゃんになったもんです。

胸を張って
小学校を巣立っていったことでしょう。

Congratulations on your graduation


桜咲く頃には新入生に

新たな出会いを楽しみに。 
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:18 |
| comments(7) | - |
おかたづけ
おかたづけが苦手で
探し物を見つけ出すソナーは、幼い頃から故障したまんまの私ですが

笑かすことに息子もまた私に輪をかけてひどく
私のDNAを色濃く受け継いでいます。

ちょっとした探し物でも「〇〇、どこやったっけ」と他力本願で・・

探し物を始めると直ぐに ハンギレ 状態になる
探知器(嫁ハン)に助けを求めます。


彼女のソナーは恐るべき性能で

隠してある物まで見つけ出す機能と・・

人の失敗を見つけ出す機能も備え・・

ちょっとした失言を 「質言」 として
インプットしておく記憶機能までも兼ね備えた

高性能探知器です。           


音声付きハイスペック探知器から音声ガイドが…

「だいたい、会社(学校)へ行く5分前になってから
あれ無い、これ無いって、ちゃんと片付けへんからやろ・・・

・・・そう言えば、この前あんた偉そうに私になんて言うた・・・」っと

後半からは主幹から外れ 質言追尾 へと変わっていきます。

あっ!追尾システムも搭載されていました。               


このように、傷口に塩を塗るような音声ガイダンスに従い
探し物をしなければならない状況は、嫌んなるほどツラク、厳しい…。

少しでもこの状況を打破するために
日頃からおかたづけ能力を磨かなければ…
 

それにしても、テレビのリモコンどこいったんやろ…
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:49 |
| comments(5) | - |
肉体改造
新聞の折込広告を見てると
薬品、美容、機器、食品 各々様々な女性向け肉体改造品が…

例にもれず、嫁ハンも 
穴があくほど、チラシをにらみつけ

「なぁ これどう思う」って

「どうも思いませんが…」

意に添わない私のアドバイスは無視されます。


飲むだけで、グングン痩せるそうで…

んなあほな。 そら身体に悪いで

よっぽどのナルシストでない限り
自分の容姿に自信があるはずもなく。

弱みに付け込んだ商品の片棒を担ぐのは、いかがなものか。

最終的な「理想のイメージ」が
いまひとつ分かりかねる状況なので

程々にしといた方が…

  
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:30 |
| comments(17) | - |
素晴らしいです
2008 全日本綱引選手権大会

優勝は
男子・・・佐川急便東京 東京都代表
女子・・・マドラーズ大阪 大阪府代表

男女共 おめでとうございます!!


結果を教えていただいた
大先輩監督が率いる プログレス大阪(大阪府女子代表)

なんと初出場で見事予選突破 ベスト16!!

これまた、すっばらしい!!  パチパチパチ  拍手拍手拍手

これからの、ご活躍楽しみにしていますよ。


やっぱ、かっこええわ、タガーは。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:13 |
| comments(34) | - |
明日
昨日に続き今日も 全日本綱引選手権大会 の記事

多分明日も・・

年一の大会を明日に控え
参加チームの皆さんは
眠れぬ夜を過しているのでしょうか。

明日は絶好調で試合に挑めますように
大爆眠して下さい。


大人は大人の意地があり、プライドがあり
色々と譲れない部分もあるのでしょうが

子供達のお手本となり、憧れられる
大人達であって欲しいですし

フェアーな、試合をして欲しいと思います。

将来、チームメイトやライバルになるかもしれない
ちびっ子タガー達のためにも

各都道府県を代表する
トップタガー達に切に願います。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 22:38 |
| comments(1) | - |
いよいよ
3月16日

「千葉市ポートアリーナ」 で日本で一番強い綱引チームが決まります。 

高みを目指し、研ぎ澄まされたチームの激突は
身をよじる興奮と感動があります。

見に行けないのが残念で、残念で、残念です。


千葉市ポートアリーナには
私自身も少なからず思い入れがあり
当時アリーナで凌ぎを削りあっていたチームの人達は
元気にされているのでしょうか。

世界選手権から1ヶ月足らず
出場していたチームのコンディションが気になるところですが
間違いなく世界大会に出場していたチームを中心に
大会は展開していくのでしょう。


盤石の強さを発揮するのか、足元をすくうチームが現れるのか…

兵庫代表も気になるし、大阪代表も気になるし…  


昔、凌ぎを削っていた仲間のオヤジさん
予選からハードな試合が予想されますが
うめき声と雄叫びをアリーナに響かしたって下さい。

復活された大先輩監督さん、挨拶代わりの大暴れ、期待しています。

綱引ファンとしては、たまらん大会です。

2008全日本綱引選手権大会

意地とプライドをかけたタガー達の熱く激しい闘いが

いよいよ始まります。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:45 |
| comments(1) | - |
シューズ
ジュニア用綱引シューズを…

「19cm の外靴がチョットきついねん」って言うてる女の子に
22.5cm〜のシューズしかないとは…

しかも定価が10,000円以上もするとは…

競技人口の低下が問題になっているのは、昨日今日の話では無いはず。

なのに、競技者の 「スソノ」 に位置する子供達の
専用のシューズすら無いとは…

マイナースポーツの宿命なのか…

せめて
もう少し小さなサイズと、もう少し安い販売価格を。

親に買ってもらった 

「ぶかぶか」 で 「高価」 な

綱引シューズを、嬉しそうに履いている子供達を見ると

ちょっと謝りたくなる。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:17 |
| comments(1) | - |
コーチ

昨日は、綱引のコーチ達とOBで飲食会

いつもながら、楽しい時間を過すことができました。

笑顔のええ、男達です。

  


週末の怠惰な生活と、フラッグの激しい練習で
今日の体調は最低。

はよ寝なヤバイ。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:00 |
| comments(14) | - |
宣伝です
フラッグフットボールチーム
「鈴原ファイティング・ローゼズ」のヘッドコーチ が
3月7日金曜日 18:15〜 FM伊丹に登場します。

ぜひ、聞いてみて下さい。

超ブロガーでもあるヘッドコーチ
氏のBlogがJBA(Japan Blog Award)の
スポーツ部門で最終選考まで残り
本日、東京都内で授賞式典が行われるそうです。

おめでとうございます。


昨日は日本屈指のブロガー氏と、しこたま飲んでしまいました。
そう21時から3時まで…あほです。

飲んでいた舞台は、もちろん 「唄って踊れる焼鳥屋 とりっくはうす」

唄って踊った後の、カレーは、絶妙の味で…

こんなことばかり書いてると、
店主のN村氏(先輩)に、どやされるのでお店のPRを 

地元伊丹、梅の木交差点歩道橋のたもと

「本格炭火焼鳥 とりっくはうす」

私のオススメは、スパイシーカレーと卵ラーメン…ウソです。すんません。

ほんまは
「皮塩」 「つくね」 「から揚げ」・・・「生ビール」

中でも つくね は絶品の食感と味、うちの子供達も大絶賛の一品。

是非一度、とりっくハウス の「つくね」を食べてみて下さい。
ほんまに旨いですから。   


只今キャンペーンといたしまして
「ブログを見ました」と言って頂いたお客様に限り

店主より
「あっ、さよけ」っとお言葉を賜れます。

こちらも是非一度。

 

あっ、本日水曜日は定休日ですよ。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:45 |
| comments(18) | - |
期待
昨日の練習後

低学年の 育成 をしていたJコーチから
「低学年の子供達このまま行けたら、楽しみですね」っと。

まだほとんどの子が綱引シューズを履いていないのでなんとも言えませんが。 

Jコーチいわく「綱を持つ‘しぐさ’が結構生意気」らしく。

将来に期待し楽しみにしときましょう。

 
これで週2回練習に参加してくれたらなぁ…
もっと期待が膨らむのになぁ・・・

これから少しずつ学年が上がっていくと
家庭環境、親の思惑、本人の意思、他の習い事とのからみ
チーム事情などの諸事情から
綱引クラブから離れて行く子供達がでてきます。

子供達が続けてくれることを期待し
そして成長過程を共に過ごせることを楽しみにしたい。


「重さは大人並、めっちゃパワーあるゎ」と
Jコーチに言わしめる高学年の女の子。

もう一年早く出会えてたら…

まだまだ、安定感もなく、頼りになりませんが
今後練習を積めば、間違いなく中心選手になっていくでしょう。 

これまた期待したい。

期待が大きければ大きい程
上手くいかなかったり、あかんかったり、の落胆は大きいのですが
子供達に期待を持てなくなったら、辞める時です。

綱引をやる子供達がいるかぎり、デッカイ期待は持ち続けていきたい。


期待は常に でっかく
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:18 |
| comments(17) | - |
惜しくも
世界卓球2008

昨日の女子準決勝は
スポーツ焼鳥 「とりっくハウス」にて
娘、息子、その友人達と観戦

  

惜しくも敗れてしまいましたが
堂々の第3位 銅メダルです。

「鬼」も「愛ちゃん」も「かすみん」も
まだまだ若く今からの選手です。

応援していきたい。


本日男子の準決勝
こちらも敗れてしまい、惜しくも第3位 銅メダルです。

それにしても男子のスピード、パワーには
驚愕です。

強烈なラリーの後のスタンディング・オベーション
感動します。

今回の世界卓球がテレビ放映され
卓球ファンが増えたのではないでしょうか。

そのうちの一人が私です。

メディアの力は、やっぱり大きい。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 00:14 |
| comments(14) | - |
すごいぞ
世界卓球2008 団体戦


福原 愛 の「サーッ!」 
 
ジャニーズのアイドルじゃなく
視聴率度外視 石原 良純 の大胆起用   

22才の女の子を、プリンセス○○でも、世界最強○○でもなく
「鬼」と名付けるテレビ局                    

全て「グー」グッド     


今大会何と言っても、「鬼」と名付けられた 平野 早矢香
 
絶対負けへんぞオーラ出しまくり
ポイントを取られても、うなずくだけで切り替えて
自信に充ち溢れたあの面構え。

昨日の10−8からの逆転は圧巻の一言。

現在9戦9勝 闘神が宿ってる。 

今日から、メダルの色をかけた戦いが
これを見ないで何を見る。

かけねなしに、おもろい。

学年末試験、真っ最中の息子と共にテレビにかじりつき
二人でガッツポーズ 「サーッ!」

男子チーム、これまた強すぎ
スピード、パワー、スタミナ、おそるべし。

こちらも全勝で準々決勝進出
一昨日、11−0って無茶苦茶、今風に言うと ヤバイ。

今日勝てばメダル確定。


男子も女子も、凄すぎる

「すきがあったら、かかってこんかい!」

では、今から「スポーツ焼鳥」 とりっくハウスへ…

飲みながら、応援や

「ガンバレ 日本!」

ミーハーですが「ガンバレ かすみん!」
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:29 |
| comments(1) | - |
数学
高校生の娘の試験対策用数学プリントを見てア然…


x、y、zの値をどうにかしろと要求されている…この問題は…多分…?

よし次

ん?なんやこのグラフは?
相手の要求すら理解ができへん…解…って…答えのことやんな。
で、何の答え?

こんなんやった記憶が皆無。

世間に出れば、1+1=2
ではない事の方が多い

って説教するような、ヤなオヤジの三乗にはなりたくないし。

とりあえずは
高校生じゃなくてよかった。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:25 |
| comments(14) | - |
素晴らしい
TWIFインドア世界綱引選手権大会 ーイタリアー
に出場されていた

日本女子代表のマドラーズ大阪
 

女子480Kgクラス 銀メダル

女子520Kgクラス 銅メダル

と素晴らしい成績をあげられました。
パチパチパチ・・拍手拍手


どちらのクラスも金メダルはチャイニーズ・タイペイ


詳細はわかりませんが
世界2位と3位 ごっついなぁ。
(マドラーズの方々は悔しさの方が大きいのかもしれませんが)

世界と戦えるとは、ほんまにうらやましい。

ジュニアの子供達にも
世界の扉を開けてほしいな〜


| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:29 |
| comments(16) | - |
明日は
綱引の練習後はいつも子供達を集め、少し話をし、挨拶をして解散。

出来の悪い練習の後は、ついついキツイ話になりがちで
一昨日の練習後も、そうなりそうだったのですが

ある男の子の妹がそこへ臨時参加

わかるか?っと聞けば

「は〜い」と誰よりも大きな返事をし

大会がんばるぞ「オー」と手を挙げると

妹ちゃんだけが同調し
ただ一人「オー」と手を挙げてくれ

クラブの子供達は、たじたじでしたが
皆一様に優しく笑っていました。

幸せな子は、周りも幸せにしてくれます。

もちろん私もそうでした。

ありがとうね。


明日は加古川カップです

子供達は
全力を尽くしてがんばってくれるでしょう。

元気なチームは、周りのチームも元気にします
元気にいきましょう。

結果は明日。

  
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:39 |
| comments(1) | - |
反抗
母親は我が子に対し
心配性、しつこい、細かい、うるさい、かまいたい

子供を思って優しさからの現象なだけに、始末が悪い?

母親に、はむかうと 「理不尽」 も追加されるので
子供だととてもじゃないが太刀打ちできない。  

しかし嫁ハンと息子の争いは、なかなかスリリングでオモロイ。

幼児期に息子が泣きながら訴えた言葉を思い出す・・・

「こんな、かあさんもういややぁ。
 とうさん、おねがいやから、かあさんかえてぇ」 

そうなると嫁ハンも黙っていない

幼児の言うてることやと頭では分かっていても、感情が許さない。

上からかぶせるように
「そんな事言うんやったら、明日から、ご飯も洗濯も全部自分でやりゃ」   

「そんなん、でけへんやん」

「ほな、謝り!」

…ちょっと待って、っと
ここでは筋道を立てて抗弁をすべきなのですが
いかんせん幼児ですから                 

「ごめんなさい」

なんと理不尽な…

それが最近では、息子も考えているようで。

口では必ず言い負かされるので

「あいまいな返事」という「技」を使うようになってきて…

この技を使われると、余計にカリカリくるようで。


「反抗期やわぁ、ほんま腹立つわぁ」って

嫁ハンから見れば、
息子は5才から今までずぅ〜と反抗期のようです

多分これからも…。

  
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:03 |
| comments(18) | - |
お互いに礼
低学年と話をしていると
お互いに 「?」 という感じになることが・・・


私自身
伝えたい事を噛み砕いて話をしているつもりが
砕き過ぎて伝えたい元の部分も砕いてしまい
揚句の果てにウソを織り交ぜたりして。

子供は子供でこれまた
ちゃんと聞いてないうえに、ボキャブラリーも少ない
そして
「あんな、○○チャンは
 お母さんを行きなさいって言うてんて…キャハハハハ〜」


「おっしゃてる意味がよくわかりかねますが?」

  
  


・・・お互いに礼!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:45 |
| comments(13) | - |
七の段
昨日の練習は
私、お兄ちゃんコーチ、OBコーチが低学年担当

はい、ちょっと休憩… 
「時計の針が4のところに来るまで休憩な」

お母さんコーチが、トコトコと近づいて来て子供達に質問…

「4の所って何分かわかる?」

「20分!」

「正解!んじゃ9の所は?」

「45分!」

「お〜!正解!」 

「時計、習ったもん」って偉そうに

それからは子供達、あれはできるか?これはできるか?とやり合って

ついに禁断の 「九九」 へ…

3年生の女の子、2年生君を挑発
「掛け算七の段、反対からゆうてみぃ〜や」

受けてたつ2年生君、大きな声で
「ひちく63!ひちは56!ひちひち49!・・・ひちいちが7!」

完璧に七の段を制覇!

お〜みんなからパチパチパチ…拍手喝采
挑発をした女の子も
パチパチバチ…

照れて、溶けてしまいそうな2年生君

流石、受けてたつだけのことはある! 男らしいやんけ!

  
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:21 |
| comments(11) | - |
あてる
先日、嫁ハンがパーマをあて、帰ってきました。
俗にいう「オバハンパーマ」です。
 

関西では、パーマは “かける” ものではなく “あてる” ものです。

「パンチをあてる=パンチパーマをかける」になります    


嫁ハンの勤務先である保育園では
女の子が走り寄って来て「せんせい、パーマあてたん」と
早速女の子らしい、ご挨拶があったらしく


この女の子の中には、がちがちの関西弁と
「パーマあててん、どない?」と
どない答えても機嫌を損ねる、恐怖の質問を投げかける女性の血が
脈々と、そして確実に、息づいているのを感じました。

この女の子
将来、世の男どもを困らせるんやろうなぁ。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:38 |
| comments(6) | - |
たかが忘れ物
昨日の練習前

4年生君が「シューズを忘れた」と
…理由や言い訳はあるのでしょうが…
 
「わかった、今日は見学な」と厳しいようですが、つき離し。

体操が始まりましたが、座って見学をしている4年生君。
見かねたお母さんコーチがシューズを貸し
(この行為は優しさではなく甘やかしです)

練習に参加しようとしたので
「あかん、人の物を簡単に借りて参加するな」と…

泣きながら、またもや見学。
お母さんコーチ又々見かねて、その子の自宅へ連絡を入れ
シューズを持って来てもらうことに。
(この行為も甘やかしです)

しばらくして、4年生君のお母さんがシューズを持って練習場所へ

4年生君シューズを履き
私のもとへ来て
「すいませんでした」と

「…?お前、それは謝る事ちゃうで
 謝るんやったら相手間違ってるんとちゃうか
 誰に謝らなあかんかわかるか」

「…かあさん…」    

「そらそうやろ、お母さんに、ごめん、ありがとう、って言うたんか」     

「…」
お母さんコーチがお節介をやかんかったら、叱られんですんだのに…

「なんで、ありがとうの一言が言われへんねん。
 別にシューズ忘れたんやったら、見学しとったらええねん。
 そんな事で叱りもせんし、怒りもせんわい
 忘れ物なんか誰でもするんやから。 
 ただ忘れた事は自分の責任やから、その責任をとったらええだけやろ」

「…」

「ここで、まぁええわぁって参加を許すと
 お前、大事なシューズを忘れた事も
 その時の気持ちも
 チームメイトが練習してるのをただ見とかなあかんかった時の気持ちも
 お母さんへの感謝も、全部“なかったもん”として
 参加してしまうんとちゃうか。
 だから、お母さんに、ありがとうが言われへんかったんとちゃうか」

泣きながら黙って聞いていた4年生君、さらに泣きながら

「かあさんに…ありがとう…いう…」       

「その場しのぎの形だけのありがとうじゃあかんぞ、
 そのあとの方が大事なんやで」          

「はい…」

「お母さんに感謝しろよ。体操して入れ」

手をさしのべるだけが、優しさではありません。


練習を終え、宿題を抱えて帰った4年生君
きっと、照れながらも「ありがとう」と伝えた事でしょう。

常日頃から子供達に
「宿題終わってから練習参加、自分の事は自分で」と言っています。
だから忘れ物をするのは、誰のせいでもなく、自分自身のせいです。 

“たかがシューズを忘れた”
だけなんですが4年生君には考えてほしかったのです。


小さなクラブチームでも
マイノリティな競技でも
子供達が集う場所は、教育現場だと思っています。

勉強を教える場所だけが“学びや”ではありません。

「学ぶ」「考える」「思う」そして「変わる」

私自身学校教育では、ほぼ見捨てられていた存在でしたし
専門的な児童教育や児童心理学を学んだわけでもありませんが

子供達が「学ぼう」そして「考えよう」とすることが
唯一の児童教育じゃないかなぁと思います。


高い所から、もの言うわけではありません。

自戒を込めてそう思います。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 22:17 |
| comments(13) | - |
2月14日 本日の練習
今日はバレンタインデー

今週の月曜日
わざわざ自宅まで手作りのパンケーキとクッキーを届けてくれたOGちゃん。

残念ながら体育館にいたため直接お礼は言えませんでしたので
あらためて
「ありがとうな、真瞳ちゃん 美味しかったです」


たくさん頂いたのですが、食べたのは一つだけ

あとは全て「ほんま痩せへんわぁ」が口癖の嫁ハンの胃袋に
「めっちゃ美味しいわぁ」の言葉と共に消えていきました。

  
そして本日の練習で、クラブの女の子達からもたくさんいただき
(もちろんクラブとは綱引クラブのことで新地のクラブではありません)

「やっぱクラブに女の子がおると華やぐなぁ」と・・・
(ここでのクラブも綱引クラブのことでミナミのクラブではありません)

みんな、ありがとうね。

   





| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:39 |
| comments(0) | - |
閑休記
R&B
「もみじまんじゅう〜」のB&Bではなく
R&B  リズム&ブルース 
淡谷のり子氏のブルースではないほうのブルース


その昔、へタッピなバンドを組んでいて
ペラペラの背景とテクしか持たないガキどものくせに
陶酔感は超一流のブルースマンを気取っていた頃
〈どう贔屓めに聞いても宮川左近ショーなのに〉
の仲間達とはもう25年来の付き合いで
いまだに年に一、二回は会って、しこたま飲んでいます。


今では、オシボリで耳の中までふききる
どこにだしても恥じることのない立派な中年になりきっている奴らと
話をしてると、こちらもやけに和んで、最後はいつもベロベロの大爆笑。

あいもかわらず、背景はペラペラ。


浮浪者になり失明をした魂のブルースシンガー
レモン・ジェファースン
通称「ブラインド・レモン」
   

彼のような生き方は到底できませんが
せめて、家のローン以外に
もう少し重厚な背景を背負ってもええんとちゃうか、お互いに…


私自身今では、全く音楽を聞かなくなり
車に乗ってもFMよりAMを好んで聞いていたりするんですが

先日H.Cがポリスのライブに行った時の話を聞き
ひじょ〜うに羨ましくなりました。

ライブに行くのは少し腰が重いので

たまにはR&Bでも聞きながら
バーボンでも飲みに行きたくなりました(渋ッ!)。
  

しかしここで問題が…

実は私、バーボンが苦手でして…

バーボンの代わりに焼酎のお湯割でも可なのでしょうか?

やはりその場合の音楽はR&Bではなく演歌じゃないとダメなのでしょうか?



「みぃ〜ちのぉくぅ〜ひぃ〜とりぃ〜たびぃ〜」
ジョージ・ヤマモト
恐るべしブラザー・ソウル。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:09 |
| comments(18) | - |
ゆったりと
久しぶりの三連休

のんびりと本でも読みながら
なぁ〜んも考えんと
ゆったりと時間を過すのもたまにはええもんだ

しかし、なんやムズムズ

H.Cを誘って呑みにでも

しかしH.C
27年ぶりの日本公演「ザ・ポリス」のコンサートへ

なつかしいなぁ
ノスタルジックなブリティッシュ・ロック

久しぶりに
学生時代にバイトしていた先輩の店にでも呑みに行くか

三連休もあと一日あるし
ベロベロになっても大丈夫
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 17:53 |
| comments(0) | - |
さじ加減
ちょっとした言動で、感情が浮き沈みする子供達

良薬を与えたつもりが、さじ加減を間違え、劇薬となることもシバシバ。

しかし、大人のミスをものともせず
劇薬を与られても、踏ん張っとる。

Trust children 子供達を信じろ。


| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:33 |
| comments(6) | - |
辛口
辛口の少年時代を過ごして来た私にとって
今の子供達は甘口に見えてしょうがない。

手をかけ過ぎ、かまい過ぎ、気遣い過ぎは
優しさではなく、甘口なだけ。

だから、自分の心も身体もかばい過ぎる。

だらだら、ぐちぐち、あっちが痛い、こっちがだるいと
講釈たれて、甘えよる。

ゴチャゴチャ言うとらんと
「やることやらんかい!」

激辛すぎるかな・・・
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 22:22 |
| comments(9) | - |
全快
今朝は
昨日の痛飲がたたり

「あ゛〜〜」 「う゛〜〜」
うめき声しか出ず

「朝からうるさいねんっ!」 と嫁ハンに言われても 

「あ゛〜」 「う゛〜」・・・

這うように出勤。


しかし午後からは、酒も抜け徐々に回復。


そして風邪の方も
飲んでるうちに、諸症状が緩和され、いつのまにか全快。


風邪を蹴散らす
地元の焼鳥屋さん「とりっくハウス」の
しびれるビールと山芋、そしてカレーうどん
(焼鳥屋さんなのに焼鳥ではなく)

副作用がキツすぎる感はありますが
ともかく風邪はには打ち勝った。

この勢いで、明日は頑張るぞー!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:17 |
| comments(12) | - |
病は気から
昨日から、ノドが痛く、身体のあっちこっちも痛く、だるい。
完璧な風邪の諸症状・・・困った


家で、しんどいやら、だるいやら、そんなことを一言でも言ったひにぁ
「気がたるんでるからやっ!」「弱っ!」っと嵐のように
傷口に塩をぬるような文句を、嫁ハンに吐き続けられます。


しんどいのに、文句言われるから、黙っとこ

今晩はスポーツクラブの会合あるし
そのあと飲みにも行きたいし
明日は全開で仕事、そして日曜日には大会もあるし

ここは黙って「気力と根性」で治すしかない。

でもなんかしんどいなぁ・・・
あかんあかん気持ちで負けたら・・・

病は気からや!

ここは一発はりこんで、1000円ぐらいの滋養強壮剤でも飲んで
1000円分ぐらい元気になるか!


しかし、いつ以来やろ風邪の症状がでたのは?
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:00 |
| comments(5) | - |
チームわけ
2月3日の大会へは

鈴小ジュニア綱引クラブ
スポーツ21 ピヨピヨ  
スポーツ21 プ二プ二 の3チームで出場予定

鈴小は高学年
ピヨピヨとプ二プ二は低学年

月曜日の練習時、低学年を適当にチーム分け
色々と入れ替えてみたものの
代わり映えするわけでもなく…まっこんなもんか。

別に
強い弱いだとか、上手い下手で分けたつもりもなく
何となくラインが合うようにしただけで、深い意図は全く無し。

どういじくっても右へ左へバタバタ、フラフラ。


子供達はどう思ってるのかわかりませんが
初めてジックリと見させてもらった感想は
みんな下手やなぁです。

これは当たり前の事で別に、けなしてる訳ではありません
ちょこっとやったぐらいで上手くいくなんて、ありえません。

全国大会で優勝した子供達も最初は皆同じです。


今回の大会目標は
挨拶がキチッとできること、団体行動のマナーを守る事。
お行儀よく、そして力一杯頑張ってくれればそれでよしっ!

楽しい大会になることを期待しています。


因みに
JコーチとNコーチは鈴小チームの担当

お母さんコーチとOGコーチはピヨピヨチームの担当

そして私とKコーチはプ二プ二チームの担当


私達プ二プ二チームは戦略も何もあったものではないですが
全体の目標とは別に

こっそりと優勝を目指すことにします。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:18 |
| comments(28) | - |
明日は兵庫県綱引選手権大会
先日の新年会で

「今まで、子供らから綱引について質問されたことないなぁ」っと話になり

コーチ全員が「ないなぁ」と・・・

与えられた分だけを、可もなく不可もなくやろうとすれば
考えなくてもええし、疑問も出てこないのでしょう。

そして、なんに対しても
臆病なぐらい用心をして、転ばぬ先の杖を与えられているからだろうと…

教えてもらうより気付くこと、これが大事なことで
ただ言われたことをやるだけでは、なかなか身につくもんじゃない。


勝利することより
気付くこと、考えること、思うことの方が遥かに価値があると思います。


そして本当に勝ちたいと思って取り組やないと
勝つ意味も負ける意味も薄れていきます。


明日は兵庫県大会

勝ちたいと願い、必死に勝負し、多くのことを感じ
価値ある大会にして欲しいと思います。

そして
しっかり「身体はって」勝負する覚悟をして、挑めよ!

結果は明日。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:50 |
| comments(0) | - |
あて
うちのチームの子供達

ビックリするくらい運動音痴?の子供が多く
綱を引けるように成るまで、かなりの時間を用します。

しかしそれでも構いません。

今まで一度も運動で褒められた事が無いような子供が
努力することで褒められるって、メチャメチャかっこええことやし
自信にもつながる。

スポーツで「あて」にされたことがないような子供達を
「あて」にして信頼して、「絶対やれる」と言い続けるぞっ!

…たまに心が折れそうになることはありますけど…
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:14 |
| comments(2) | - |
スタッツ
スタッツ(成績データ)はチームにとって最も重要な部分。

しかしデーターでは表れない部分、数字だけでは読み取れない部分
俗に言う「情」の部分にこそ
チームとしての吸引力があり、熱くさせられるものがあるのでは・・・

指導する側も受ける側も、お互いに血のかよった練習をしないと
「情」なんて生まれません。


綱引競技に携わった子供達はスタッツだけでなく
チームに欠かせない「情」の部分も大事にして欲しい。

このところ覇気、精気不足気味の選手達
血のかよいが悪くなっているのか…  


やっぱ、うちのチームは

「情」という名の「浪花節」の部分が最も重要なのかも。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:57 |
| comments(0) | - |
リスニング
大学入試センター試験も終わり
受験生は、いよいよ志望校へ向け最後の正念場を迎えます。

そのセンター試験、国語のリスニングを入れるとか入れないとか…

確かに子供達の「聞く力」「理解する力」がヤバイとは感じます。
それは、親御さんにたいしても感じることがあります。

全体へ説明した後、必ず何人かの子供達が同じ事を聞きにきます。
ヘタをすると聞いてないと言う子供もいます。

保護者に説明をしても、違った解釈をされる事があるので
どちらも困ったものです…

っと偉そうに言うてますが
実は私も嫁ハンに「何回おんなじ事聞くんな」
と怒られることしばしば・・・猛省!


ところで冒頭の国語リスニングは、標準語なんでしょうか?

全国津々浦々で大学受験をする学生達
その地域々々での方言を使った試験もなかなか楽しそう。

九州と東北、同じ問題だと思えないような、しゃべくりの聞き取りテスト
どちらも聞いてみたい。

桂文珍の「チャウチャウちゃうんちゃう」みたいなリスニングを・・・

現在行われている英語のリスニング試験

ひょっとしたら
実は強烈な南部訛りの英語だったり、物凄い昔の話し方だったりして・・・
まっ、そりゃないか。


先日、今年大学受験をする綱引クラブの卒業生が
受験勉強の合間をぬって、顔を出してくれました。


応援することしか出来ませんが

「頑張れよダイピー! 志望校合格せえよっ!」
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:40 |
| comments(60) | - |
昨日は
昨日はスポーツクラブ21のイベント
スナッグゴルフ大会へ
綱引クラブの子供達8名、Nコーチ、嫁ハンが参加

成績は5年生の女の子が2位と3位になったそうで
それは素晴らしい パチパチパチ・・・

Nコーチ、嫁ハン、子供達の送迎ご苦労さんでした。


そして夜は

Nコーチ、Jコーチ、Kコーチ、私の4人で
新年会と称した飲み会

場所はいつもの 尼の焼肉屋「味道園」 

ジュージュー、グビグビ
鯨飲馬食

いつもながら、熱く語るコーチ達

Jコーチの語る男気談、嗜好談に
笑談破顔

やっぱ楽しいゎ!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:24 |
| comments(5) | - |
1月17日
「グラグラがぁ〜」と泣いていた娘が高校生

嫁ハンのお腹の中で、暴れまくっていた息子が中学生

今いる綱引クラブの子供達は、誰も生まれていなかった、その時

阪神淡路大震災

あれから13年…

練習場所であるスワンホールの横
昆陽池公園では毎年5:46

追悼の祈りを込められた
ろうそくの灯が
静寂の中粛々と明かりをともし
静かに時間が流れていきます。

毎年様々なことを思い出させるこの日。

穏やかで平穏な日々が過ごせることを願います。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 22:26 |
| comments(12) | - |
十を聞いて…
一を聞いて十を知る、賢くて応用のきく人

子供達はちょくちょく十を聞いても何も残っていない事があるようで…


先日も練習後

「〇日は練習あるから、間違わんようになぁ」   

「はいっ!」      

挨拶を済ませ解散。   

すると低学年の女の子が歩み寄ってきて…

嫌な予感が…

「〇日は練習ありますか?」

「え゛〜、今あるって言うたやん。頼むわぁ」

ニコニコしながら「わかったぁ」って…ほんまか?

子供の事言えるほど、私自身しっかりしているわけではないですが


「そりゃあんまりやわぁ〜」
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:58 |
| comments(8) | - |
もっと欲張れよ
一つ先へ進むく欲
もうちょっと、ああなりたい、こうなりたい
そんな欲を子供達にもっと持って欲しい。

すぐに「無理やぁ〜」とか「でけへんわぁ〜」とか言わずに。

全てを与えられ、渇きを知らない子供達に
わがままではない渇望を持たせるのは、なかなか難しい。

競い合わせたり、なだめすかしたり、怒鳴ったり
試行錯誤しながら・・・
「あっ、できたぁ」をわからせて、増やしていければ

もっと〜したい

もっと〜やりたい

もっと〜なりたい
と思って、努力していくようになるんでしょう。

無理って言わんといて、ふざけてやったらあかん
自分で自分の成長を止めることになるよ。

欲が出始めると、必ず強くなるから。

もっと欲張れ!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:32 |
| comments(6) | - |
戦略
個の力、チーム力、その集中と配分
これが戦略(ゲームプラン)の基本。

我が愛すべきチーム「鈴小ジュニア綱引クラブ」

どうも戦略がたたんと思ってたら
個の力、チーム力、がバラバラに拡散しているようだ。

なんとか力の散らかりを防がないと…


マーダーボール(車椅子ラグビー)
完全武装の車椅子でガチンコのラグビー

心・技・体はもちろん、戦術、戦略も強烈。



| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 06:42 |
| comments(3) | - |
勇気を持って
競技を続けていると
ちょっとぐらいの痛みや、体調不良ならどうってことない
っと思いがちになり練習を続けていると・・・

取り返しのつかない重大な疾患に発展することがままあります。

チーム競技にとって
結果的にそれはチームに迷惑をかけることとなり
自分自身を苦しめる事になってしまいます。

そうなる前に、必ず「休む勇気」が必要です。

指導する側も、目を光らせていないと大変危ない部分です。


しかし一昨年ぐらいからは、そんな心配は無用に・・・

今の子供達は
ちょっとしたことで練習を抜けてしまいますし
すぐに休んでしまいます。

綱引の練習が
楽で無いことぐらいわかってますし
辛いことの方が多いこともわかっています。

うちの子供達には

苦しいながらもやり抜く勇気
辛いながらもやり続ける勇気を持ってほしいです。


勇気を持って立ち向かえば必ず
勝利した先にも、または敗北した先にも
スポーツの源泉である「何か」があるはずです。

先ずは、休まずに「参加する勇気」から始めましょう・・・

    



| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:33 |
| comments(6) | - |
計量
正月の休みは、子供達の成長を促す効果があるようで・・・

しかし、お腹だけ成長されても困ります。

県大会も近いのに、体重は大丈夫なん?

計量するのが怖い。

| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:57 |
| comments(8) | - |
飲まずに
年末から飲みっぱなし

学生時代の友人と・・
元会社の後輩と・・
姪っ子と・・

飲んでるとひたすら楽しいのですが
今日ぐらいは禁酒して
明日の初でに備えなければ、まじでヤバイ。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 16:58 |
| comments(6) | - |
謹賀新年
新年あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いしますです

   

我が家のマスコット  ハムスターの「ルン」君

カーペットの上で、ひたすら寝正月


今年も私は・・・
勝負運の神様 広田神社で「大凶」を2年連続でゲット
一緒に行った高校時代の同級生3人と後輩1人のおみくじ結果は・・
「凶、凶、凶、末吉」

最凶のスタートをきったメンバー

今年も楽しくがんばろうぜ!




| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 17:37 |
| comments(10) | - |
熊みたいな
嫁ハンと車で走っていた時のこと

「なんか、熊みたいなのがひかれてたで」

「えっ!熊っ!」

「そう、熊」
   
全然気付かずにいたことがくやしくて
「どこらへんにおった?」

「ちょっと手前の左手…」

「ちょっと手前…左手…?くそー、見たかったなぁ」

「え〜気付かんかったん?アライグマみたいなんが死んでたやん」

「はぁ?ちょっと、まてぃ!アライグマやと!」

「そうア・ラ・イ・グ・マ」

「そんなもん熊言うか!熊言うたらヒグマとかツキノワグマとかやろが」

「アライグマでもクマは熊やん」

「ちゃうわぃ、君が見たのは熊みたいなアライグマじゃなくて
 アライグマみたいなタヌキっていうねん。」

    

あほらしもないゎ…
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:35 |
| comments(6) | - |
全日本綱引選手権大会
来年3月の全日本を目指し、各地区で代表チームが決まっていくなか
兵庫県代表は1月27日に決まります。

今年行われた全日本綱引選手権女子の部では

兵庫県代表チーム「世界のコベルコ科研」が
     

決勝戦でこれまた


大阪府代表チーム「世界のマドラーズ」
     

に惜しくも敗れましたが

来年も熾烈なトップ争いが繰り広げられるのでしょう。

(コベルコさんには、ジュニアの子供達が大変お世話になっていました。
 同県でもありますし是非タイトルを奪回して欲しいところです)


それにしても近畿地区に世界で勝負している女子チームが二チームもいて
しのぎをけずっているとは・・・

え・げ・つ・なぁ〜!です。

| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:45 |
| comments(7) | - |
低学年
低学年の集中力の無さは凄まじく
人の話しを聞かないことにかけては、おりがみつき。

しょうもない事をしては、お母さんコーチに怒られて
怒られたしりから同じことしては、また怒られて・・・
・・・永遠を感じます。


昨日、久しぶりに顔を出した三年生ちゃん。

綱引クラブに入る手続きはしたものの
それっきり顔を出さなくなっていました。

嫁ハンが電話を入れたり、本人に声をかけたりしたのですが
なんの反応もなかった子が突然・・・

低学年が大会に参加すると聞き付けたらしく
急きょ「私も」っと練習に参加した模様。

厳しいですが、その子を参加させたのはアップのみ
そのあとの練習は、メンバーに入れず見学させていました。

自分より下の学年の子供達が交代しながらラインに入るなか
本人には考えてほしかったのですが・・・

練習後お母さんコーチに
「私は、一回も入ってない」と訴えたと聞き
「わかった、ちょっと話しをしてみるわ」と・・・


〇〇ちゃんちょっと
「キツイこと言うけど、しっかりと聞いてや。
 
 申し訳ないけど今監督は君の事、信用してません。
 君も監督の事、信用してくれてません。

 そんな子を大会へは連れて行けません。

 大会へは、当たり前のことですがチームで行きます。
 
 都合のええ時だけ、都合のええ思いをする為にチームに加わるのは
 チームメイトとは言えません。

 楽だけの共有ではチームの仲間からも信用されませんよ
 やっぱり苦楽を共にしないと。
 
 しかし、今度の大会は出れないけど、練習に参加していくならば
 監督は君のことを信用信頼していくようになりますし
 君から信用信頼されるように努力します・・・わかりました?」

「…はい」とは言ってくれましたが

低学年の子供にとっては大変厳しい言葉だったと思います。

しかし、もっともっと物事に対する
プロミス、プロセスを大事にする子供になってほしいから
間違ったことを伝えたとは思ってません。
            

もし綱引クラブに来なくなったとしても

少しだけでも気持ちのどこかに引っ掛かってくれて
考えてくれれば、それで「よし」だと思います。

しっかりと考えて、気付いてくれればええんですが

・・・やっぱ難しいかなぁ。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:01 |
| comments(10) | - |
スワンホール イベント
昨日の午前中はスワンホールでのイベント

     


普段スワンホールを利用している団体が集い
綱引大会を行いました。

私自身は昨日の飲酒が響き強烈な二日酔いの中お手伝い
自業自得ですが、ほんまに苦しい午前中でした。

綱引大会の結果は
もちろん、空気を読めないうちのチームが優勝
そして優勝賞品のコーラをゲット
たのむゎ〜。

綱引大会のあと、子供達はめいめいばらばらで各催しに参加

そして、お昼前に解散し
うだうだで吐きそうなイベント終了。

イベント前に飲んだらあかん!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 16:36 |
| comments(6) | - |
今年一年を漢字一文字で表すと

「偽」だそうです。

本物と偽物
関西でいうところの
「ホンマもん」と「バッタもん」

関西人は、うたぐり深く
オレオレ詐欺にも、引っ掛かり難いとか

ブランドもん(ブランド品)を買った時でも・・

「これ、こうてん、ええやろ」(これを買いました、良いでしょ)

「ええなぁ、なんぼしたん?」(良いですね、値段は)?

「いちきゅっぱ!」

「それバッタもんちゃうん」(それ偽物と違いますか?)

「ちゃうちゃう、あの店でなぁ・・・」(違いますよ、あの店でね・・・)
と続くわけですが

安い品やと必ず疑われます。


しかし、関西人をもってしても

えーとこ(名前の売れた会社)の社長さんだとか
どっかの偉いさん(一般に゛せんせい゛と呼ばれる方々)だとかが
言うてはったとか、やってはった、となると信じてしまいます。

まして、ホンマもん以上の値段で売買されると尚更です。

「高い物」=「本物」の理論が通用しなくなりました。
  
人を偽るなっ!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:52 |
| comments(9) | - |
ほんまかいな
かなりマヌケで、すこぶる元気、素直さと返事は最高の低学年。

「わかった?」
わかってなくても
「は〜い」って
「おいおい」


列んで練習
「手を見て動くんやで」
「はいっ」
って言ったしりから、あさっての方を向いてるし・・・


ちょっと目を離すと、男の子はとすぐにこぜりあいを始めます。
「お前らは子猿か!もう、退場っ!」
すぐに半泣きになります。
しかし猛省したのもつかの間、突きあってます。
もうほっとこ。


「宿題済んでますか?」
「は〜い」
「ほんまか?」
「は〜い」
さっきより声が小さいぞ

恐る恐る一人が手を上げ
「ん〜まだ」

正直さに免じて

「次からは、終わらせてから参加やで、ええなっ」

「はいっ」って


ほんまかいな・・・
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:04 |
| comments(2) | - |
ひたむきさ

いままで綱引を通し子供達から、たくさんの感動を頂いてきました。

感動の元は、やはり子供達の「ひたむきさ」。

勝っても、負けても、心の奥のそのまた奥にある心幹を
これでもか!と揺さぶる子供達の「ひたむきさ」、
ここを揺さぶられると、どうしようもなくなります。
     


先日の北京オリンピックアジア予選での星野監督

億を稼ぐ選手達の己が為でも、お金の為でもなく
チームの為にプレーする「ひたむきさ」に
心幹が揺さぶられていたように感じました。

私ごときが生意気ですが・・
プロ、アマ、競技、年齢に関係なく、大事にしてほしい部分です。

「また、このメンバーでやりたい」と
コメントしていた星野監督、男前すぎます。


幹揺為落葉如
心揺為落涙也
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 22:41 |
| comments(3) | - |
トホホ…
来年2月3日の大会までということで
お母さんコーチが低学年を臨時募集。

現在15名の「チビちゃんタガー」が集まり
大会へ向け週一回の猛?練習中。

ところが、ここで困ったことが・・・

いくら臨時部員だとしても監督として名前ぐらいはちゃんと覚えとかないと
っとは思うんですが一向に、私の記憶機能が働いてくれない
顔と名前が一致しない。

簡単な名前の子供三人程は覚えたのですが・・・

あとは何がなんやら
ちっとも分からず見たことある子供やなぁってな感覚で
一向に覚えれる気配がない。

我ながら自分のアホさ加減に困っています。

トホホ・・・


名前を覚える、何かええ方法はないものでしょうかねぇ・・・
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:55 |
| comments(9) | - |
幼い子供達
     


ここ一、二年、子供達が幼く見えてしょうがない。

なんか頼んないし、ちょっとした事でよく休むし
痛みに弱いし、幼いなぁ・・・

設立当時の子供達はたくましかったよなぁ・・・


飲み会でJコーチに、たしなめられました。

子供達が幼く、頼りなく見えるのは

子供達のせいでは無く

私が年をとったから、幼く見えるのだと・・・


なるほど、そう言われればそのとおりかも・・・

ヤバイ!年寄りの目線になってきてるのかぁ〜

NO〜〜!!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:53 |
| comments(6) | - |
祝賀会

昨日は「ゆずりは賞」受賞祝賀会を、とあるお店の二階を貸し切り敢行。

スタッフ(Nコーチは所用の為欠席)と子供達
鍋を囲み「わいわい、がやがや」たまには、ええもんです。

「コーチと監督の、おごりやぁ〜遠慮したら承知せんぞ!もっと食え〜!」

「秀星、ビール飲め〜!」

あかん!あかん!


子供達と嫁ハンを早々に帰し、あとはウダウダの飲み会へ突入。

いつもの如く大いに、食し、語り、笑い、飲み、酔っぱらい、
家に帰れば嫁ハンの冷たい視線をくらい・・・

子供達が帰ってからは、全てがいつも通りの飲み会。




Kコーチ、仕事の都合で遅れて参加
飲まず食わずで会費だけ・・あざ〜した。

Jコーチ、ウダウダの飲み会代ゴチになり・・・あざ〜した。

Nコーチ、来れないのに会費だけ・・・あざ〜した。


みんな、ええコーチばっかりやー!!

私も子供達も、幸せ者ですっ!!


| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:11 |
| comments(6) | - |
覚えどき
     


最初は友達に誘われて・・・

綱引クラブに来る子の一番多い入部理由

最初は学校の延長線上にあるとおもっているのか
放課後に遊んでいる感覚で、入って来る子が結構いますが・・

すぐに何となく違うことに気付き、
しばらくすると来なくなる子もいますし、卒業まで続ける子もいます。

綱引クラブに来る子供達には

綱引の事もそれ以外の事も
たくさん教えてあげたいし
たくさん覚えていってほしいなぁ。

やりたい時が覚えどきだから。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:14 |
| comments(7) | - |
参った
低学年の子供達は
長さの単位であるメートルをまだ学校で習っていないそうで。

綱引は4m引けば勝ちますっと言っても
「4m?」…

そらそうやわなぁ、知らんもんなぁ。

ホワイトマークからホワイトマークの間が
「ホワイトマーク?」…

「終わりやで」の笛がなったらたら終わりです。
「はーい」

子供達は、自分の事より他の子が気になるようで。

ポケットに手を入れている子を注意すると側にいた子が
「お前3回目やぞー」って偉そうにポケットに手を入れながら言うてます。
「言うてるお前もやないかぁ」
…「あっ」って、慌てて手を出します。


大人の機微を察して欲しいなぁと思う時も…

「ちょっとは、引けるようになった?」

「ぜんぜんっ!」即答

「そっかっ…ぜんぜんかぁ…素直やなぁ」

子猿達には、参った。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:58 |
| comments(9) | - |
予定
     

六年生の卒業まであと4ヶ月と少々
卒業までの大会参加予定が決まりました。


2008年

1月27日 兵庫県大会

2月3日 八尾大会

2月24日 加古川カップ

上記が出場予定の大会です。

今の六年生も三年生の時から見てきて、もうすぐ卒業です。

早いものです。

私もそれだけ年とったんやなぁ…

何はともあれ後少し、最後まで頑張ろうなっ!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:55 |
| comments(7) | - |
またひとつ・・
     


先日コーチから大阪のジュニアチームが解散した事を聞きました。

またひとつ、チームが減っちゃいました。

しっかりと練習を積まれ、礼儀正しく、気持ちのいいチームだなぁと
思っていたのですが・・・

事情はあるのでしょうが、非常に残念です。

ジュニアチームは指導者も少なく、チーム数の増加が難しい状況です。
また大人と違い、毎年子供達が入れ代わり
チーム力の維持も人数の確保も非常に難しいです。


私自信も昨年・・

小学三年生の時から中学一年生迄見て来た子供達が引退をした時
大きな達成感と満足感そしてなによりも大きな喪失感があり
もうええかなぁこの子らと一緒に辞めよかなぁという気持ちになりました。
(まだまだ下の学年の子供達がいたのにですよ、何と無責任な・・)

ジュニアチームは区切りがつきやすく、つけやすいから
余計にそんな気持ちにさせられます。

しかし今は・・
綱引クラブを立ち上げた時の気持ちに立ち返り
自分がおもろいと思ってやってきた綱引を
ひとりでも多くの子供達に理解してもらえるよう
やれるとこまでやっていきたいと燃えています。
(付き合ってられへんでしょ、すんません)


ジュニアチームさん、チーム再結成を期待して待っています。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:45 |
| comments(11) | - |
第18回
      

第18回 ひめじ綱引選手権大会を見学に行ってきました。

活気あふれる大会で
小学生の部、総参加数29チーム
大人の部、男女合わせて23チーム
合計52チームのタガー達が熱戦を繰り広げていました。

     

兵庫県ジュニア綱引の「雄」 白鳥ボンバーズさん
監督さん曰く、「初めての子供もいて、まだまだです」と
謙遜をされていましたが、流石に良いチームだなーと思いました。

     
昔、よくいっしょに練習をした「オヤジさん」の顔も見つけましたよ。

老体に鞭打って、必死で引いてる姿、感動ものでした。

  
しかしなんと言っても低学年のチーム
これは、かわい過ぎます。
嫁ハンに「ストーカーか!」と言われても写メでパチパチ
将来有望な、ちびちびタガーちゃん達
「がんばれ〜!!」


     

みなさん、お疲れ様でした。



| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:11 |
| comments(6) | - |
楽しみかた


綱引をしていて、よく聞かれる事、綱引って楽しい?

「楽しいよっ」とは答えますが

難しい質問なので困ってしまいます。

将来楽しみにしていることはあるんですが…

人それぞれいろんな思いがあり、いろんな楽しみ方があると思います。

子供達は 「楽しむ」=「ふざける」 と勘違いしがちです
この部分だけ間違わなければ、チームの根幹にあるものを傷つけない限り
それぞれの楽しみ方で良いと思います。

綱引の練習って、けっこうきついんです。

それでも休まずに来る子供達は、
それぞれの思い、目的、そして楽しみを見つけだし
参加していると思います。


・・・10年後・・・

「変なオッサン達と綱引やってたなぁ
 きつかったし、よう怒られたけど、おもろかったなぁ」

と子供達に言ってもらえたら…10年落し成功!!

今子供達と綱引をやっているのは
実は10年後に落とすための「ネタ」ふりやったとか…。

そんな楽しみかたもありかなぁ。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:02 |
| comments(11) | - |
お返事ハイ!
     


うちのチームでのこだわり、挨拶と返事。

コーチに対し、相手チームに対し、チームメイトに対し

礼節を重んじて…


「体育館に黙って入って来る事」

「返事のウン」

これはダメ
ちゃんと練習しましょうね。

体育館に入る時は靴を揃えて入る!

靴のかかとは踏むな!

シューズはいい加減に履くな!

人のせいにするな!

宿題終わってるか!

親に偉そうな口きくな!

その他うだうだと…
口うるさく、うっとうしいオッサンで構いません。

やり続ける限り、言いつづけますよ。


「わかりましたか?」

「ウンっ!」

「ん…」

「あっハイ!」

「そう、返事はハイ!」っな。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:04 |
| comments(6) | - |
私達が出来ること

痛ましく、つらい事件が加古川市別府町(べふ)で発生して三週間がたちました。


私にも子供がいて、また普段小学生の子供達と接していて
他人ごとではなく、つらく哀しく腹立たしい事件です。


子供達が出来ること・・・

[おお声をあげること]
[逃げること]
たったこれだけしかありません。


大声をだすって簡単なことですか?
遊びの中で出す大声とは違います。
恐怖と不安のなかで振り絞る声です。

逃げること?
不意をつかれたら、殆どの子供は捕まりますよ。

自分の身は自分で守る?
子供には無理です。


じゃあ どうすれば…

正直わかりません。大人が守ってやらないと…
そのことは解ります。でもどうすれば…
絶対のない世界・・・

日々新たな事件が発生し世間から忘れられていく事件。

犯人が捕まっていない今も
別府町の子供達、保護者の方々、そして地域の方々全ての人達が
不安、怒り、恐怖、そして多大なストレスを感じながら
生活をされていることと思います。


決して対岸の火事ではありません。


私達にできること・・・

事件を忘れる事なく、子供達を守る術をさがしつづけること。

必ずあるはずです。

必ずこんな恐ろしく、痛ましい事件は無くなるはずだと信じて。


癒されることのない深い傷を負ったご家族のためにも

一刻も早く犯人が捕まる事を願わずにはいられません。


| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 17:45 |
| comments(6) | - |
居場所
昨日の練習時に、四年生の担任を受け持っている先生が
「練習見せてもらっていいですか?」
と訪問理由を告げずに体育館へ来られました。

理由はわかっていたで、お断りしようかなぁと思ったのですが
先生に見られてたら子供達はどんな感じになるのか、
ちょっと知りたくて了解しました(いつもと一緒でしたけどね)。


学校の施設を使用しているとはいえ
あくまでもクラブチームとして活動をしているので
学校とも先生とも一線をひいているつもりです。


私が見る限り、普段とまったく変わりなく練習をしている子供達を
先生はどのように見ていたのでしょうか?


綱引クラブでの様子しか知らない私ですが
それでいいんじゃないかなぁと思っています。


四年生君にとって学校は自分の居場所を見つけ難い所なのかもしれません。

誰だって苦手な分野を責め立てられるところに
居場所を見つけるのは難しいです。


練習中に怒られることも勿論ありますが、
自分の居場所があると思って、休まずに来てくれているなら
それを私達は大切にしてやらないと。


それぞれの家庭にそれぞれの事情があり
とりまく環境も千差万別。

4年生君は
幼いながらも自分の立場をしっかりと受け止めていますよ。
ダメな事は理解していますしね。

なかなか上手く自分自身をコントロールできないだけです。

大丈夫。


親を、友人を、先生を、オッサン達を
たくさん見て、接して、様々な事を吸収して、心を磨いてほしいです。


ええ「笑顔」をもっているんやからね。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:59 |
| comments(8) | - |
Sportsman Ship

対戦形式のスポーツにおいて

ルールに則っりお互いがお互いを尊重しあう…

そして、策略を練る。


敬意を忘れ・・・

だらけた行為や、なげやりな行為に始まり

暴言や暴力に至るまで、

「非」は、精神から生まれます。

心のないチームは見苦しい。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:23 |
| comments(5) | - |
銀杏の串焼き
     


昨日、地元の焼き鳥屋さんへ

おすすめが銀杏って・・・

あまりにも、勧めるので根負けをして注文

これがかなり美味く、さすがお勧めの一品!



フラッグフットボールのHC、無理やり付き合っていただきすんませんでした。

若コーチ、日付も変わろうかという時間に、およびたてして
すんませんでした。

これに懲りず、またお願いします。

それと、立命VS関学  楽しみにしときます。

| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:55 |
| comments(3) | - |
心・技・体



学生時代、恩師から日常的に言われつづけた言葉 

「心技体」


「何故、心が一番最初にきてるのか、わかるか」

「こころに一番重きをおき、こころがないと何も身につかないからやぁー!」
と最後はいつも怒鳴られていました。

かなり必死でやってたのにそんなにやる気なさそうに見えてたんかなぁ。

今はなんでも英語、Mental ・ Skill ・ Physical
ちょっと雰囲気がかわるなぁ

武士道と騎士道のちがいかな(わかりにくー)

恩師が言われていたことも確かにその通りです。
しかし自分なりに考えてみると
身に付きにくい順にならんでるような気もします。

心なんて一生かかっても無理かもしれない…

それとも単純に、語呂のもんだいかも…「技心体」言いにくいもん。

恩師の前では、口が裂けても言えませんがね、そんなことは…。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:07 |
| comments(10) | - |
意地
「ロッキー・ザ・ファイナル」
ロートル選手の王道を突き進むロッキー・バルボアことスタローン
年齢を考えれば凄い身体なんですが…
プロレスラーの天龍源一郎の身体を鍛えたみたいで、
なんかちょっと気持ち悪い。


「ロッキー」のモデルとなったのは(ご存知の方も多いと思うのですが)
チャック・ウェプナー(世界ランクには、ギリギリ入っていた選手)。

当時のチャンピオン、モハメッド・アリにウェプナーが挑戦。
カジノの用心棒をやっていた(世界ランカーが用心棒って)ウェプナー
頭もハゲ散らかして…アリにとっては完全な消化試合だったはずが…

ウェプナーの、最大にして唯一の武器「打たれ強さ」を最大限に発揮し
15ラウンドまでなんとかもちこたえ、大差の判定負け。
勝敗を超越したロートル選手の意地。


意地だけで、ここまでやれるのか?

ロートルの意地は、手強いぞ!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:32 |
| comments(6) | - |
おおいに悩めよ
     

娘がまだ幼稚園へ通っていた時のこと…

幼稚園で音楽会があり、私も意気揚々とビデオをぶら下げ幼稚園へ。

ビデオをセットし今やおそしと待ち構えているところへ、園児達の入場。

何となく娘の様子がおかしいと感じていたのですが
音楽会がスタート・・・

案の定、楽器を持とうともせず、身動きもせず、下を向いたまま…
静止画を撮り続けるビデオ…

張り切って楽器を演奏している他の園児を羨ましく見ていました。

それが今では、高校生・・・
いつ、どんなきっかけで
周りの状況と自分の気持ちとの折り合いを付ける事を学んだのか。

今でもグチグチと悩んでるようですが・・・

気持ちの折り合いを付けるのは

仲間が助けてくれる事もありますが、足枷となる事もあります。

根本的には他人が介入出来ない部分です、自分でなんとかしなくてはいけません。

折り合わなければ、その場を去るか、強引に押し通すか…
残念ながらどちらも痛みを伴います。

もちろん大人になってもその痛みは同じです。

子供の内から、
周りに合わせたり
要領よく振る舞った生き方をするより
自分の子供がそうだったからかもしれませんが
折り合いを付けれず悩む子供の方がシンパシィを感じます。

おおいに悩めよ。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:41 |
| comments(7) | - |
安心感
     


大会などでは、子供達は自分のなかに存在する不安、ストレス
その他諸々のネガティブ要素と、幼いながらも戦っています。

また大会規模が大きくなればなるほど、練習を積めばつむほど
プレッシャーが重くのしかかってきます。

そんななか子供達は、一番身近にいる大人に安心感を求めます。

だから監督やコーチの、ちょっとした言動で
チームの雰囲気が良くも、悪くもガラリと変わります。

それだけ頼られている証拠・・・

勝ち負けではなく、信じてくれている子供達に
安心感を与えられるような言動がとれる存在にならなければ、監督失格。

スマン子供達。
私自信未だに失格になることが多いです。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:22 |
| comments(4) | - |
センス
先日、全国小中学力調査の結果が約半年の長き時間をかけ発表されました。

都道府県別に成績ランキングにする意味が?


元々学力なんてものは、個人の「 力 」であって
〇〇県が3位だとか〇〇県は最下位とか…
何を知りたくて何が言いたいのだろう?

学力低下している都道府県では、
「朝食をとらない」子供が多いとか、就学援助を受けている子供が多いとか…

そんなこと言ったら朝食をとってるのに成績があがらない子供や
就学援助を受けていながら勉強をしている子供の立場がないやん。

全体主義を薦めるなら
成績の悪い都道府県の教育関係者の給料ダウンしないと…

だって教育のプロでしょ?
就任した時から「先生」って呼ばれる存在なんでしょ?

でもそんな事したら、また一部の先生が
成績の低い子をテストに参加させなかったり
答えを教えたり、不正と反発だらけになりそう。


やっぱり学力は、個人が努力をして高めていく「 力 」ですから…
次はスポーツテストで体力の有無を?
それとも芸術テストで芸術力の有無を?
都道府県別にランキングしていくのかな?

アホな私でもセンスの無さがわかりますよ。


是非次回は
教師の学力テストを行って都道府県別に順位をつけてみましょうよ。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 11:45 |
| comments(5) | - |
Family
      

             仲間達

Nコーチ

低学年の時から「てしおにかけて」育てた子供達を率い
本年度みごと全国優勝監督となりました。

非常によく子供達の特徴を掴んでいて
「N尾マジック」と呼ばれる起用方は「え゛〜!」

Jコーチ
コーチ内の重鎮で、恐もて。
しかし子供達には優しく、わかりやすく丁寧に話しかけてます。

昔、大会の帰りに「うん○」を踏んで
暫くのあいだ子供達に「ウンチマン」と呼ばれていました。

Kコーチ
子供達にとっては
えーかげんそうな「親戚のおっちゃん」って感じかなー。

ディープなサイトには非常に詳しい、
現役の「草?サッカー」選手。
     


お兄ちゃんコーチ
21歳、体脂肪率6%、ルパン契い里茲Δ並してます。
コーチ陣の年齢と体脂肪率の平均を一人で下げている、パン屋のお兄ちゃん。

常に子供達と一緒に遊んでくれる、優しい兄ちゃん。

お母さんコーチ(嫁ハン)
事務的な事を全て、してくれています。

何故か、すぐに子供達を列べ、ラインをしたがります。

OB、OGコーチ
時間が空けば練習に顔を出し、子供達の相手をしてくれてます

頼もしい、OB、OG達です。

現役の子供達も含め、コーチ、OB、OG、みんな「Family」!

そしてまだ見ぬ、新しい「Family」が増えることを楽しみに…

     
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:27 |
| comments(4) | - |
初心
      


ええカッコ、するわけじゃないけど…


えらそうに教え子なんか言える立場じゃないけど

一緒に汗を流した仲間だから・・・


自分の立場と、つまらん権力ふりかざし

調子のええ時は教え子で、調子が堕ちると知らん顔する。

真逆でしょ、堕ちた時ほど教え子だ、何故言ってやらないの?

神輿の上であぐらをかいて、子供になにを言ってるの?

そんな高いところから・・・子供に何を伝えるの?


子供に見抜かれるよ、そんな大人は…

見抜けない子供に育てるなよ大人は…


気づいてますか?  感謝するのは、指導者のほうですよ。


あなたの初心は何ですか?
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:28 |
| - | - |
     


一升ますに二升は入らない…

チームも同じ

監督の器以上にチームの器は大きくならない…


私自信の狭量を戒める言葉です。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:58 |
| - | - |
成長
      

綱引クラブの練習時間は6:30〜ですが、体育館を借りているのは6:00〜。


子供達は6時過ぎには体育館に来て、練習の準備をしている私を尻目に、
2年生〜6年生までが入り交じってドッジボールに励んでいます。


上は下を可愛がり、下は上を慕う。

子供達は、遊びのなかで
ルールだとか仲間どうしの関係(力関係、上下関係も含め)
いろんな事を学んでいきます。

偉そうに、低学年にお兄ちゃん、お姉ちゃんぶってる高学年の子供達も
ちょっと前までは、上の学年の子供達にベタベタに張り付いていたくせに…


大きいお姉ちゃんに、「ひょい」っとダッコされてる3年生ちゃん

今のうちにたくさん甘えておいてね。

そして大きくなったら下の子供達にたくさん甘えさせてあげてね。

     



| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 17:57 |
| comments(5) | - |
大会参加予定
   

11月11日 堺市で行われる大会に参加予定です。

カテゴリーの問題、人数の問題全てクリア。

全国大会以来の大会参加で非常に楽しみなんですが、
残念ながら私自身は所用が入っていて同行出来ません。

「うーん残念!」


多分子供達は私のいない方がのびのびできるんじゃないかな。

しかしお母さんコーチは同行するので、素行には注意が必要ですよ

私より厳しいですから…
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:41 |
| comments(6) | - |
猛虎襲来
阪神タイガースのCS、とっとと終わりました。

リーグ戦のおまけのようなCSに、
我が阪神タイガースも、おまけのように参戦し
セ・リーグ三位の実力通り、「オレ竜」に2連敗。
残念ながら完敗でした。
悔しいですが、これが勝負の世界、プロの世界、敗者は語らず去りましょう。

しかっし!来年こそは「猛虎襲来」セ・リーグ制覇!
そしておまけどもを打ち破り、日本一になるぞー!って。

ホンマたのむで…
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 22:00 |
| comments(7) | - |
そればっかり
     


昨日の晩は、綱引のコーチ達とOBの子と、焼肉屋へ…

コーチ達に、おちょくられ、おもちゃにされ、説教され・・・
OBの子は、さぞ肉がまずかった事でしょう。

小学三年生の時から、可愛がられてきたOB
ドンガラだけはでかくなり、オッサン化してきているものの
アホなの事と、笑顔が良いのはかわりなく…楽しいひと時でした。


年を追うごとに、周りの環境も自分のおかれる立場も変わっていきます。

自由を選択すると、生きていくうえでは
もっとツライ不自由な状況が待っているかもしれません

流される事なく、人に迷惑かけず、自分の道をさがしてね。

また焼肉食わしたる

そればっかり・・・
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 08:27 |
| comments(6) | - |
後厄
後厄終了。

厄年は、今年いっぱいなのか、来年の厄除けの日までなのか、知りませんが
誠に勝手ながら自分の中では終了させていただきます。
とは言っても、お祓いに行ったわけでも、お札をもらったわけでもないんですが。

特別なことはなにもしてないんです。

この三年間(厄年の間)で、ジュニア綱引クラブの子供達が
私の念願であった全国大会の360Kg級で優勝してくれましたし(本厄の時)
今年も280Kg級で優勝してくれました。

だから何?まだまだ怖いのは今からやで…かも知れませんが
厄年であっても、なくても、日々喜んだり、考えこんだり、悩んだり
二日酔いで死にそうになったり、
色々ありますよ…

10年前には、思いもしなかった、子供達との出会いがあり
本気で怒り、一緒に泣き…

設立時には、相手にしてもらえなかった、うちのチームが
少しづつ、周囲から認めてもらえるようになり…
(ほんとに沢山の方々の惜しみない協力をいただきながらです)


とりあえず厄年、終わり。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:12 |
| comments(0) | - |
この瞬間
     


「Pick up the Rope」

「Take the Strain」

「Steady」       

「Pull」


主審の動作と号令

これに合わせて選手達は動きます

私の一番好きな瞬間
「Steady」・・・

「Take the Strain]
両チームが駆け引きをしながら
綱を張り合いバランスをとります

「ミシミシ」と綱が鳴き

主審の動作にレーン上にいる誰もの目が
眼光鋭く集中します。


[Steady]

両チーム、観客、応援・・・
全ての者が息を止め、静寂となる瞬間・・・


「Pull」

両チームから聞こえる、地鳴りのような唸り声・・
はじかれたように聞こえる、周囲の喚声


この瞬間・・・鳥肌がたちます。



| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:49 |
| - | - |
Trick or treat
ハロウィーンの決まり文句

「トリック オア トリート」

お菓子くれへんかったら、わるさすんで。
関西弁で言うと、こんな感じ。
普段こんなこと言うたら
オカンに頭、「はたかれる」(叩かれる)言葉。

カボチャをくり抜いた提灯
仮装した子供達
なんや、いかにも欧米って感じやなー。

ハロウィーンって日本でいうところの、お盆ですよ。


真似してやっても、違和感あるなー…。
無理あるなー、関西では特に…。


ハロウィーンパーティーやーって、
「すき焼き」しそうやもんなーうちのオカンやったら。

ハロウィーンって知らんやろうけど。


10月10日(元体育の日)、今日はオカンの誕生日。

ハロウィーンは10月31日やけど
プレゼントに「南瓜」でも、渡しとくか…。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:31 |
| comments(1) | - |
役割分担
  


練習中に私のところからお母さんコーチのところへ子供が…。
「え?」

お母さんコーチと子供が救急箱へ・・・
「え?」

手の皮が少し剥けて、痛いらしい
「え?」

私がすぐそばにいたのに、わざわざ一番離れているお母さんコーチのもとへ

忘れ物をした子も、お母さんコーチに近づきボソボソ密談をしています。

私にばれると、練習させてもらえないから・・・

チームは家族と、よく例えられます。
真っ先に子供が頼るのは、やはりお母さん。


お母さんコーチのところに近づいていく子供
自分の中で解決できない問題が発生したのでしょう。

黙って、知らないふりをしときます。

それが役割分担。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:38 |
| comments(0) | - |
やはり・・・

体育の日のイベント

伊丹体育協会加盟団体による行進が雨天のため中止

優秀団体表彰及び個人表彰は体育館の中で行われ
優秀団体表彰代表で「鈴小ジュニア綱引クラブ」の
彩香ちゃんが表彰をうけました。

現在現役の子供達はもちろん、OB、OG、の子供達の
がんばりが、認められた結果だと思います。

功績をたたえてもらえたので、子供達と共に喜びます。  拍手


綱引クラブOBの 17才君も個人表彰を受けるために
会場にきてました(ヨット競技で)。

久しぶりに、会ったらカッコエー兄ちゃんになってました。

しかし、話しをしたら中身は全然変わってなくて、笑かしてもらいました。

  
     
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 11:57 |
| - | - |
辛抱我慢
  


綱引競技は、やはりなにを言っても辛抱我慢の世界。
引いても辛抱、引かれても辛抱。

近代的?な器具を使って練習しても
[Pull]の合図から[Whistle]がなるまで辛抱我慢。

超アナログな、「ど根性」の世界。
(ど根性の裏には確固たる練習量があるんですが)

それゆえに踏み込んでしまうと、深く深くのめり込んでいきます。

「気合い入れていこー!」

「気持ちでまけるなー!」


もうもどれません…
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 06:55 |
| comments(0) | - |
あかんな〜
体育の日の今日は、体育協会のイベント日
綱引クラブの子供達は行進の先導役のはずだったのですが・・・

雨降ってるがな〜

楽しみにしていた子供達
今日の行進は中止やゎ
(雨天の場合は、体育館で行われ代表二名だけの参加)

行進が中止の場合朝7:30協会から連絡が入ることに・・

残念だけど
連絡を待つとしよう。  
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 06:13 |
| comments(0) | - |
選手宣誓


      2005年の兵庫県大会、開会式

鈴小ジュニア綱引クラブの子供(男の子と女の子、各一名)二名で
選手宣誓をしました。

宣誓の依頼を請け、J井コーチが文案を考え
みんなの前で猛特訓!

当日は、緊張しまくった表情でしたがリッパにやり遂げました。

「宣誓、僕たち私達は綱引精神にのっとり、
 
 日頃の練習の成果を発揮するとともに、
 
 最後まであきらめることなく

 一本の綱をとおし、熱いたたかいをすることを誓います」

         そのとおーり。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 11:53 |
| comments(1) | - |
兵庫県大会


兵庫県大会の要項が届きました。
大会日は2008年1月27日
場所は加古川市立総合体育館

本年度に続き、来年度もジュニアカテゴリーは体重別となっています。

この大会は、大人もジュニアも全国大会推薦チームを決める大会。

しかしジュニアの全国大会は8月…
子供達の年度替わりは4月…
1月に予選、4月に年度替わり、8月に全国大会。

このタイムラグは、どうしようもないのかなー?

大人の全国大会に併せたジュニアの予選。
ジュニアのチーム数だけでは、別の時期に予選大会をしても、大会が成り立たないのかな…
それなら、ジュニアの全国大会を春休みの間にするとか…
いつも考えてしまいます。

しかしこちらは出してもらう側、うだうだ言ってもしかたがない…


大会まであと3ヶ月半、熟考しよう。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:19 |
| comments(0) | - |
今からが勝負

セ・リーグの優勝が巨人に決まりました。
そしていよいよセ・リーグ初のクライマックスシリーズへ…

我らが阪神タイガースも、どん底から這い上がり
一時はマジック点灯か…までいきましたが
最後は失速してしまい(それでも)三位。
しかしこれからが勝負!きめたれ金本! とめたれ球児!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 17:35 |
| comments(0) | - |
できる限り参加を…
        

これまでいろんな所へ、大会へ、また練習へ、参加するために行ってきました。

大会では近い所で尼崎市、遠くは栃木県大田原市 等々…

練習では神戸市、姫路市

各地で様々なかたに、お世話になってきました。


おとなしいうちの子供達に気さくに声をかけてくれる
他チームの監督や子供達、それに大人の方々も…

声をかけられると最初は「Freeze」してしまうんですが…
しだいに本来の笑顔がでてくる子供達
試合や練習中は闘志むき出し、でも終われば「Friendly」…

目的はこれ!
強くなるために参加?それだけでは寂しすぎる。
勝っても負けても、それはそれ。
チームの仲を深め、一人でも多くの人とふれあい、交流をもつ、
それが参加することの良さですよっ…。


これからも、できる限り参加希望です、声かけて下さいね。
お願いします。

内弁慶チーム…より
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:28 |
| comments(1) | - |
ASPF
尼崎市スポーツ振興事業団(ASPF)の情報冊子「スマイルBOX」に
鈴小ジュニア綱引クラブの写真が綱引だよりに
(冊子の最後のページに、ほんの小さくですが)載っています。


写真掲載していただいたうえに
わざわざ送っていただきましてありがとうございました。

尼崎市内の図書館、公民館、(財)尼崎市スポーツ振興事業団各施設、等
で入手できます。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:17 |
| comments(0) | - |
衣替えの季節

昨日の練習前、いつもは友達と来る女の子
「Yチャン」が何故か保護者と…

チョット元気のない感じで体育館に入って来て
その後ろからお母さんがついてきていました
いきなり「申し訳ありません」って??

話しを聞くと…
チームTシャツを間違って古着と一緒に廃品へ…
「え゛」やってしまいましたか…「あらら〜」

チームTシャツといっても4年前に「なんかそろえたら、かわいいかなー」っと
個人的に全国出場前に作ったシャツで
まだ数枚残っていた物を今年の全国前にYちゃんに、プレゼントした物でした。

Yちゃんは、気にいってくれていたようで、練習時には必ず着ていました。


焦る親…

うちの嫁ハン…「もう新しいのが無いから、お古でよかったら、
お古のなかで一番綺麗な物をあげますよー」

焦る親「お願いしますっ!」

「よかった、よかった」


衣替えの季節、充分ご注意を…
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:07 |
| comments(0) | - |
チームメイト
    

鈴小ジュニア綱引クラブの子供達は、全員鈴原小学校の児童です。

しかし新しい子供が入部してきても、いきなりチームメイトになるわけではありません。
たとえ同じ学年で同じクラスの「仲良しさん」であってもです…。

チームメイトと呼ばれるためには、チーム内で仲間としてお互いに認め合う努力が必要です。

学校でも同じクラスになったからといって、いきなり「クラスメイト」になるわけではありません。日々の生活を通し、また色々とある行事を通して、相互理解を深めていき、そこで「クラスメイト」と呼びあうようになるのでしょう。
決して「先生」や「力のある者」の強制で成り立つものではありません。

綱引クラブでも同じこと。
お互いに練習の中で、強い部分、弱い部分を、さらけ出し、容認し、努力している姿を見ながら「チームメイト」になっていくのです。

時間はかかりますが、「少しだけのあと押し」と、子供達を信じて「じっくりと待つ」のが私達のできること…

なかなか難しいことですが…
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 06:11 |
| comments(71) | - |
コーチ達
昨日は鈴小ジュニア綱引クラブのコーチ達と
焼肉屋さんへ暴飲、暴食をしに行きました。

コーチの人達とは、大人のチーム時代からの付き合いで
苦楽を共にしてきた仲間です。
特にJコーチとは、16年来のお付き合いをさせていただいています。

気の合う仲間との飲食は楽しく、時間を忘れてしまいます。

話している内容のほとんどが、子供達のことで
どのコーチも、よく子供達を見ていてくれ
感心し、頭の下がる思いです・・・

いつもは、飲むとすぐに寝てしまうNコーチも
(いつ、いかなる場所でもねれる人です)
昨日は、珍しく起きていて熱く語っていました。

コーチ達を、そして子供達を
大切にしていかないと・・・

また飲みましょうー。


| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 17:58 |
| comments(0) | - |
【ん?】
子供達と練習をしていると、たびたび
「ん?」となることがあります。

ぱっと見れば気付かないけど、
よく見ると「なんか変」…

「おい○○ちょっとおいで」
「おまえ、そのハーフパンツ後ろ前、反対ちゃうか。ケツからヒモ出てるぞ」
「あっ!」
「あっ!」てお前、はくときに、きづかんか?
「へへへ…」
「はき直してこい」

「ん?」は、たいがいが男の子で、
男の子のほうが、どっか抜けてて
「あほ」なんやろうか?

どないやろぅ…?
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 17:39 |
| comments(0) | - |
聖地
【聖地】

様々なスポーツにおいて、「聖地」の存在は非常に大切な役割をになっています。

高校野球、カレッジフットボールの「甲子園」 高校ラグビーの「花園」 サッカーの「国立」 その他いろいろと…ながい年月をかけ様々なドラマを生みだし「聖地」と呼ばれるようになっていきます。

その場所に立つために、いかなる努力も惜しまず
日々「聖地」を夢み、練習を積み上げているアスリート達。
だから「聖地」では
神がかりてきなプレーや
奇跡的なビックプレーが
うまれるのでしょう。

ジュニア綱引の場合、全国大会は愛知県―群馬県―神奈川県と移りかわってきました。大会地を固定すると、その地区の連盟や協会の方々に対する負担が大きくなりますし、様々な問題も出てくるのでしょう。しかし、ここはひとつ将来的な事も、考えていただきたい。(たしかに国体などは、もちまわりですが)

目指せ「○○アリーナ!」今の子供達も10年後の子供達も同じ「聖地」を目指し、練習に励むって カッコえー と思うんですが…

親子で同じ「聖地」に立つ。 夢があるなーと思うのは私だけでしょうか…
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 17:33 |
| comments(0) | - |
綱引って?
綱引競技 インドアとアウトドアがあり 8人対8人で引き合い
4m引いた方の勝 いったって簡単なルールです。
お尻をついたらダメだとか色々な反則もあるのですが
基本は誰でもできます。
しかし本格的に競技としてやると、かなりハードなスポーツで
力自慢の大人の人でもけっこう挫折してしまいます。

カテゴリーも色々とあって、ジュニアでは
体重で分けられていたり・・・280KG,360KG等
学年で分けられていたり・・・高学年、低学年等

うちの子供達は小さい子が多く、学年で分けられると
非常につらいんですが・・・
体重でクラス分けをされている
全日本ジュニア綱引選手権大会は、ありがたい大会で
うちの子供達が、暴れまわれる大会です。

全日本ジュニア選手権の武勇伝は、追々・・・

| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:30 |
| comments(0) | trackbacks(0) |
体育祭 2
体育祭へひやかしに行ってきました。

嫁はんはPTA競技に参加
猛暑のなか汗だくでがんばったもよう

元綱引ジュニア達も、顔をまっかっかに日焼けして
笑顔で競技に参加してました

お兄ちゃん、お姉ちゃん、になっても笑顔は幼いまま
大変よくできました。拍手
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 14:34 |
| comments(0) | trackbacks(0) |
体育祭
今日は息子の通う中学校の体育祭

同じ学校に通う綱引クラブのO.B 、O.G、達のお遊戯でも

昼から、ひやかしに行ってこよ。

| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 09:12 |
| comments(1) | trackbacks(0) |
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
最近投稿した記事
コメント
トラックバック
カテゴリー
バックナンバー
リンク
メンバー
その他
ページトップへ