綱引のすすめ





鈴小ジュニア綱引クラブ
容量
このブログ
ディスク容量が10MBしかなく、すでにパンパン。

過去の写真を削除したのですが、たいして変わらず…


飽きっぽく、横着者のワタクシが一年も続けられたのは
ひとえに皆様のチラ見のおかげです。

ありがとうございました。


サイトを変え、また新たに一から出直します。


ヒザを打つような、なるほど話も

心に訴える感動秘話もありませんが

コツコツと手前勝手な講釈を垂れ流していく予定です。


またよろしければチラ見してください。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 10:33 |
| comments(18) | - |
9月25日本日の練習
本日の練習
練習に対しての 姿勢 から

他の子がやっているのを、見て考える

他の子が言われていることを、聞いて考える

そして、自分自身がやってみて考える。


短時間でもイメージトレーニングがプラスされれば

一回の練習で二回、三回分の効果があります。

そのうちグングン伸びてくるでしょう。


しかし、自分の時以外は、よそ見と無駄口
これでは思考の妨げになるばかり

そのうち…は訪れません。

短時間の練習です。

集中しましょう。
| 鈴小Jr監督 | 練習日記 | 22:02 |
| comments(1) | - |
そっくり
先日、全国大会のパネル写真が送られてきました。

流石プロの撮った写真、どの写真もカッコヨク写っています。

  

その中でも注目は、子供達、スタッフ、保護者、全員での集合写真。


親の 3/5 スケールフィギアの子供。

まさしく、ちょっと小さくしたハンコ。

しんけいすいじゃく ができるぐらい激似。

  


特に女の子の場合は
これから言動までもが母親に激似してきますから
1/1スケールフィギアの完成へと向かいます…


それにしても…笑っちまうぐらい、そっくりやん。
| 鈴小Jr監督 | 全国大会 | 19:50 |
| comments(7) | - |
熱い!
先の全国大会にて

東北の雄 福島県
「ヤングプラザスポーツ少年団」の代表監督さんと、お話する機会がありました。

礼儀正しく闊達な子供達を率い、10年連続全国大会出場を果たされ
常に上位に位置するチームの監督さんです。

ひとかどならぬ熱い想いを持たれている方で
子供達に懸ける想いが、言葉の端々から溢れ出ます。


準決勝で対戦をした
北海道の「北海アドベンチャー」チーム



試合後
子供達に有難うございましたと頭を下げられ、こちらこそです。

負けたチームに頭を下げることができる子供達…潔さと素晴らしさ。

監督さんのいきとどいた指導力、頭が下がります。

自慢の子供達でしょう。


試合後、涙ながらに語りかける大人の言葉に。

必死で応えようと見つめかえし、涙ながらに返事をする幼い子供達。

あちらこちらで繰り広げられる光景は
見ているだけで熱い想いが伝わります。




世の中、熱いオヤジ達、それに付き合ってくれる殊勝な子供達がたくさんいます。


泥酔した姿は見せれませんが…

うちの地元にも熱いオヤジ陣はいますし
殊勝な子供達もいてくれます。

頑張っていかなあかん。

  
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 18:33 |
| comments(24) | - |
9月22日 本日の練習


本日は、鈴原小学校の校長先生より、御祝辞を頂きました。

子供達の励みになります、ありがとうございました。

ガツガツ、バリバリ、頑張ろうぜっい!


話変わって…

先の、全国大会の写真が
「オールスポーツコミュニティ」(スポーツ写真サイト)にて掲載されています。

フリーで閲覧出来ますので全日本選手権での子供達の雄姿を
よろしければ、みてみてみて下さい。

http://allsports.jp/event/00008178.html

因みに「鈴小ジュニア綱引クラブ」チームユニホームの色は黄色です。



またまた話変わって
昨日は、フラッグフットボールの練習試合をしに
「豊崎東ダイナマイツ」 さんのホームグランドへお邪魔しました。

詳細は、明日にでも
SFRのHCブログ もしくは、若コーチのごる’Sブログにて…

そして地元に戻り、いつもの如く何かと口実をつけた飲酒会へ
HC、こちらもいつもの如く「ラスいち」コールが永遠と続き
それを見守る、若コーチとワタクシ。

心地良い疲れが残った昨日、重い身体を引きずるように家を出た今朝。

まったく、いつもの如く。
| 鈴小Jr監督 | 練習日記 | 21:46 |
| comments(0) | - |
徒然 全日本 14日 15:00〜
14日
『2008全日本ジュニア綱引選手権大会』終演

15:00 決勝戦〜
予選の初っ端に対戦した
愛媛県 「玉津ゴットボーイズ」との再戦 
我がチームにとっては、理想の展開。


準決勝戦苦戦のおかげで
予選の時よりも、グッと引き締まった我がチーム。

ここまでくれば、あとは目に見えない要素をどれだけ持っているかが勝負。

負けるはず無し!

15:03 三本引き〜
二本先取で優勝の 一本目

お互いにステディまでの準備も早く
張りはりの状況ですぐにプルッ!

今まで見たこともないような
気合いと共に強烈に力強いラインで引いていく、我が子達。

「よおーし!」

圧倒的な強さを発揮し、開始21秒で1本目を先取。

15:04 選手交代〜
疲労も少ない状況でしたが、3番と9番を選手交代。

9番が入ると 344kgと軽くなってしまうのですが
今までチーム最軽量ながらも、コツコツと誰よりも努力を続けてきた女の子。

この子を信じれずに誰を信じる。 Nコーチ、渾身の采配。

レーンが替わり

15:05 二本目〜
気負いと焦りから、1本目とうって変わって安定感のないライン。

行ったり来たり、フラフラのライン・・・
しかしここは強引でもなんでも引くしかない。

「アンカー勝負や!リョウッ!行けっ!」

「うおおおー」
アンカーが雄叫びをあげながら、ラインを下げ引いていきます。

シリモチをつこうが、ラインが崩れようが、お構い無しに引きずっていく
それにつられ、みんな必死の形相で引いていく…

開始35秒後

「ピッー」周囲の大声援を掻き消す、一際大きなホイッスル。

一瞬の静寂後、弾かれたように両手を突き上げる子供
うずくまる子供、抱き合う子供…鳴咽…歓声…

今まで夢見てきたことが現実へ変わり、これまでの苦労が吹っ飛ぶ瞬間。

両チーム挨拶を終え

我がチームの子供達をお出迎え

どの顔も くしゃくしゃ のええ顔や

また次、頑張れば・・・の許されないリアルな勝負で
みんな、よく頑張ったなぁ
  
  


15:20 表彰式〜
金メダルをぶら下げ、ご満悦。

  


15:40 閉会式〜
トップモデルなみの撮影会。



頼むから、もっと嬉しそうにしてくれよ。

16:20 会場を後に〜意気揚々と!

16:40 バス内〜
Nコーチの音頭で かんぱ〜い  一路伊丹へ
  
  

15日
00:00 鈴小近く〜

無事、到着…


今大会にて4名が引退・・・


2008全日本ジュニア綱引選手権大会

MJ3 男子360kgクラス

優勝 鈴小ジュニア綱引クラブ


| 鈴小Jr監督 | 全国大会 | 19:40 |
| comments(10) | - |
徒然 全日本 14日 14:10〜14:20
14日
『2008全日本ジュニア綱引選手権大会』 準決勝


14:10 準決勝戦〜
北海道代表 「北海アドベンチャーズ」との対戦。

  

スタート前の張りが強く、前高後低のラインで引いていく攻撃型のチーム
足の運びが速く、なかなかラインが崩れそうにない。

一方うちの子供達、瞬発力勝負では分が悪い
なんとか相手の高さを崩さな…
対応策を伝え、後は気持ちで負けない事!

またコーチ陣は子供達一人ひとりに熱の入った言葉をかけ続け
いやがおうでも子供達の周りには、かきむしられるような興奮と緊張感が
渦巻いていました。


「っしゃぁー!」Nコーチの気合いに呼応する子供達…

「大丈夫や、行ってこい!」


14:12 レーン上〜
指示していた部分を完璧にこなした子供達。

瞬発力に劣るうちのチームが、なんとスタート勝ち…しかしその後が悪い。
シリモチをついてしまい、その隙を突かれ相手に主導権が…

ジリジリ、ジリジリと引かれ防戦一方。

なかなか低くならない相手に…
後方から声を張り上げ声援をしていた、私を含めコーチ陣
ドッキドキのバックバク。

ついに相手の圧に耐えきれず…あっヤバイ落ちた…
ラインが沈み…シッティング…直ぐに立て直したものの、高めのラインに…

しかし、今度は相手が引き疲れからか、シッティング
よっしゃ、潰れた!

待ちに待ったチャンス到来 「よっしゃあ、いけー!」

泣きながら、吐きながら練習をした成果を…

   

厳しい遠征を乗り切った成果を… 

  


練習は裏切りませんでした。

今までの成果を十分に発揮し、見事!55秒で引ききりました。

粘りの逆転勝ち!


狂喜するコーチ陣の出迎え、高揚した笑顔で帰ってくる子供達。

気合いのスーパーハイタッチ!  「よっしゃあ、決勝や!」

  


14:20 エール〜
3位決定戦へ向かう、北海チームと通路で出会い

「鈴小さんを目標に頑張って来ましたが、ダメでした・・・
 ・・・絶対に優勝して下さい」

と目を真っ赤に腫れ上がらせた監督さんから熱いエールを頂き

また子供達にも
「ありがとうございました。優勝して下さい」 と頭を下げられ…

・・・ありがとうございます…


このエールに応えるためにも 

なにがなんでも 「やらいでかぁー!!」


決勝戦へ

…つづく
| 鈴小Jr監督 | 全国大会 | 21:16 |
| comments(3) | - |
徒然 全日本 14日 6:00〜14:10
9月14日
『2008全日本ジュニア綱引選手権大会』当日


6:00 起床〜
寝たような寝てないような…

8:00 出発〜
小雨降る中、宿舎発

  


8:30 会場着〜
『駒沢オリンピック公園屋内球技場』 つくづく、やっぱり、歴史を感じます。

9:00受付〜

9:15始動〜
半々に分かれてアップ開始。 同時にスカウティング(事前調査)も開始。

他チームを見るためにチームから少し離れた所に居たところ
ふと我がチームを見ると選手達とお母さんコーチが集まっている。
その中心に泣いている選手が…

「ヤバイ怪我か!」 慌てて戻ると

手の平がめくれ痛いと泣いているらしく…
テーピングの許可を貰ってるのに「泣くな!」
ホッとするやら、あほらしいやら。

結局予定より少し少ない本数でアップ終了。

  


10:00 開会式〜
いやいや入場行進をさせられているのが、マルワカリの我がチーム。
もっと楽しそうに歩かれへんもんか。

11:00 競技開始〜

11:10 さあ出番〜

  


第一試合目は愛媛県 「玉津ゴットボーイズ」 との対戦。

週4回2時間練習をしていると豪語するチーム 。

昨日の選手ミーティング時にも
「明日の大会は、この試合を取れば優勝が射程圏内に入る」 と伝えていた試合
いやがおうでも気合いが入ります。

大会監督のNコーチが珍しく一試合目から円陣を組み気合い入りまくり。

「行ってこい!」っと送り出した子供らは、緊張しまくり。

11:11 レーン上にて〜 
テイクザストレイン…大きく相手に綱が流れ、少しづつ引き戻しながら
ステディ…静止時間のないまま
プル!…あかん、ステディの姿勢が悪すぎる。

案の定スタートを取られ、いきなり相手の攻撃を受けることに・・・

緊張と焦りからか、上体にばかり力が入り下半身には力が入ってない。

綱もなかなか安定しない。

「大丈夫や!焦るな、落ち着いて受けたら戻せる!」

行ったりきたり安定感がない。
開始30秒、綱の流れが大きく傾き完全に勢いがこちらへ。

よし!攻めろ!

トランジションはうちの方が上

ここまでかなり無駄な力を使っていた子供達でしたが
バタバタしながらも何とか引ききり 50秒で勝利。

「うぉっしゃぁ〜!」

満面の笑顔で帰って来た子供達とハイタッチ。
この瞬間がええんよなぁ〜

苦しみながらも先ずは幸先よく一勝!

11:13 緊張もほぐれる〜

11:15 確認事項〜 

今後の試合への注意点を確認。

朝のスカウティングにより「勝負」は準決勝以降だということ

決勝でまた愛媛県と当たるのがうちのチームにとっては
理想の展開だということを伝え。

残りリーグ戦3試合と決勝トーナメント初めの2試合は
一人ひとりが自分自身の動作確認にあてること。

それだけを徹底指示。

12:15 リーグ戦終了〜
『鈴小ジュニア綱引クラブ』 4戦4勝 リーグ1位で決勝トーナメントへ進出

13:30 トーナメント開始〜
ここからは、負けたら終わり 無情のトーナメント戦の始まり。

ベスト16、ベスト8と危なげなく順調に勝ち上がり。

14:00 さあいよいよ正念場!〜
コーチ陣、子供達、共に気合いと緊張がマックスに。

後日どの子供に聞いても
「一番苦しかったのは準決勝」 と答えが返ってくる一戦が…


14:10 準決勝〜
北海道代表 「北海アドベンチャーズ」戦

…つづく
| 鈴小Jr監督 | 全国大会 | 22:01 |
| comments(17) | - |
徒然 全日本 13日 6:00〜24:00
9月13日

『2008全日本ジュニア綱引選手権大会』前日  

6:00 集合・出発〜
大型バスをチャーターし、選手、保護者、スタッフ、総勢25名が集合。

小雨降る中、ユキちゃん、ユキちゃんお母さん
つかもっさん父、あづお母さん
それと我がチーム自慢のOGチャン達(あづ、ゆりえちゃん)
もわざわざ差し入れを持って見送りに来てくれました。

  
みんなに見送られ出陣。


  
車中より

13:30 現地着〜
大会会場の『駒沢オリンピック公園屋内球技場』
きったない建物。

東京オリンピック時
女子バレーボールチームがソ連を破り金メダルを決めた球技場。

すいません訂正します、歴史ある建物でした。

館内に入るとアリーナでは大会の準備とバトンチームの練習中…
笑かすぐらい下手で可愛い。

  

まさか明日のお昼に行われるアトラクションの練習やったとは…

ふざけるな人前でやるのは、まだはやい!


15:00 前日計量〜
1〜8で350kg 予定より軽く出たものの、こんなもん。


16:15 宿泊先ホテル着〜
こちらは予想以上にキレイなホテルで驚き。


16:30 入室〜
Kコーチの部屋に集まり早速、「宴」



子供達にゲームを持って来させ 「マリオカート 大会」も同時開催。

マユちゃんが あまりにも下手なKコーチに思わず 「キモッ!」 発言。
「キモって…」Kコーチかなりへこむ。


18:30 晩餐会〜
なんか窮屈な夕食。Nコーチの足臭は納豆レベルらしい。

  

19:30 ミーティング〜
子供達を集め選手ミーティング

ミーティングの間中Nコーチだけは特等席の椅子に座り、いつもの爆眠。

静かに明日のポイントと対策を子供達に授け解散。


20:00 Nコーチ覚醒〜
コーチ陣と夜の街へ繰り出す。


20:30 焼鳥屋着〜スタッフミーティング。


21:00 嫁ハンから〜
「あんたら何処いってんの!」っとお叱りの電話が入る。

その後はメール攻撃。成す術無し。


?:00 ホテルに帰る〜
就寝…

…つづく
| 鈴小Jr監督 | 全国大会 | 19:51 |
| comments(13) | - |
感謝



『K/C SAKAI』様

『コベルコ』様

『登美丘南』様

お世話になりました。


ご声援していただきました皆様

差し入れをしていただきました皆様

早朝より、お見送りしていただきました皆様

OGチャン達

皆様
ありがとうございました。

スタッフ一同成り代わりまして、御礼申し上げます。

感謝・感謝!です。



次回更新より

全国大会詳細へ突っ込んで行く予定です。

ひつこくなるかもしれませんが、しばらくは全国ネタです。
| 鈴小Jr監督 | 全国大会 | 19:46 |
| comments(3) | - |
しばらくは




しばらくは、全日本ネタで突き進みます。

ちなみに本日は、コーチ陣と子供達で祝勝会。

優勝最高!

焼肉最高!
| 鈴小Jr監督 | 全国大会 | 22:28 |
| comments(14) | - |
帰宅



無事、東京より帰宅。

みんなぁ〜お疲れさん。


明日は子供らと祝勝会。

もちろん焼肉屋で・・・吐くまで食わしたる。
| 鈴小Jr監督 | 全国大会 | 00:54 |
| comments(10) | - |
おかげです



皆様のご声援のお陰で

見事、優勝!

全国制覇!

することが出来ました。


ありがとうございました!
| 鈴小Jr監督 | 全国大会 | 17:35 |
| comments(19) | - |
開会式



入場行進
| 鈴小Jr監督 | 全国大会 | 10:30 |
| comments(10) | - |
夕食



かたっくるしい夕食。


食後の最終ミーティングも終了。


コーチ陣と飲んで、明日のエネルギー充電。

頑張ろう!
| 鈴小Jr監督 | 全国大会 | 19:53 |
| comments(10) | - |
お見送り




お見送り

ありがとうございました。

只今出発!!
| 鈴小Jr監督 | 全国大会 | 06:08 |
| comments(6) | - |
お願いします
いよいよ明日

我が 『鈴小ジュニア綱引クラブ』 は
9月14日 駒沢オリンピック公園内球技場にて行われる
『2008全日本ジュニア綱引選手権大会』 参加へ向け出発します。  


北は北海道から南は九州大分まで(台湾からの招待チームも含め)
参加総数47チームによる熱戦がくりひろげられる大会です。

我がチームのエントリーしているクラスは参加21チーム。

この中でしのぎを削り 「頂点」 を目指します。


皆様、願わくば
『鈴小ジュニア綱引クラブ』 を応援してやって下さい。

皆様のご声援は
必ず子供達の、勇気となり力となります。

よろしくお願いしますっ!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:26 |
| comments(31) | - |
9月11日 本日の練習




本日は全国前の最後の練習。

当初の予定は…

当初の理想は…


なかなか予定通り、理想通りにはいかないものです。


しかし、「やり残し」を悔やむより

「やってきた」ことに希望を持つしかありません。


今回は、練習でも練習以外でも 面倒な事が最後迄あり

「一体なんやねん」でしたが…もうそれはそれで良いです、後は大会だけです。



信じれるものは…

積み上げてきた練習と

共に耐えてきた仲間です。

練習はウソをつきません。

自分を信じ

仲間を信じ

強い意志を持って

東京へ乗り込むべし。
| 鈴小Jr監督 | 練習日記 | 22:40 |
| comments(0) | - |
低学年
精神状態がよろしくない最近の練習。

低学年達の練習している姿が、視界から消えています。

彼ら彼女らを見てやるどころか、声を掛けてやる余裕すらなくなっている。


全国大会が終われば、チビちゃん達に時間をとってやろう。


まだまだ 平和 なちびっ子達です。


今、かかわると確実に泣かしてしまいそうなので…
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:49 |
| comments(12) | - |
9月8日本日の練習



先週の土曜日は神戸へ練習に…

これで遠征予定は終了。

皆様、ありがとうございました。

「頑張っといでやぁ」とかけて頂く一言が
子供達の 力 となり 勇気 となります。

感謝の言葉しかありません。

ほんまに、お世話になりました。


そして本日の練習

前々から気になっていた所を個別に確認をし、ライン合わせ。

こつこつとやってきた練習が、いまひとつ身についていない子供達。

今から劇的に上手くなることはないのですが

今一度、何をしてきたのか思い返すだけでも違いは出るはず。


全てが 「今」 に繋がっているから。
| 鈴小Jr監督 | 練習日記 | 21:54 |
| comments(0) | - |
ミカラデタサビ
不安だらけで精神的にきついこの時期に、更に追い込まれる出来事が。

まさしく自分の考えの甘さから、仲間の人達の信用までも無くしかけ

嫁ハンの奔走でなんとか収束する方向へ向かいましたが…



私は今まで全てのルールを守り、悪さもせず生きてきたわけではありません。

ましてや聖人君子でも、正義の味方でもありません。

世間では、認められないことでも
許容範囲であれば容認してしまうこともあります。


良きにつけ悪しきにつけ
クラブでの私の言行は、少なからず子供達に影響を及ぼすと思っています。


対象年齢や状況により、言行が変わることもありますが
「belief」
「philosophy」
が私の中で変わることはありません。

信じてもらえないなら、仕方のないことです。

理解されないならそれも仕方のないことです。

いちいち釈明をしてまで、信用や理解を得ようとは思いません。


物差しが違えば、考え方も見え方も違う。

背負うものの大きさが違えば、重さも違う。

投げっぱなし、言いっぱなしでは済まない立場での、責任も違う。

全てわかっているつもりです。


しかし、正義を振りかざした正論を吐くだけが、正しいことなのでしょうか



今回の出来事には
こちらに言い分や勝手な正義はあっても正論で無いのは確かなこと。


私自身のケジメと猛省しかありません。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 22:09 |
| comments(23) | - |
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< September 2008 >>
最近投稿した記事
コメント
トラックバック
カテゴリー
バックナンバー
リンク
メンバー
その他
ページトップへ