綱引のすすめ





鈴小ジュニア綱引クラブ
聖地
【聖地】

様々なスポーツにおいて、「聖地」の存在は非常に大切な役割をになっています。

高校野球、カレッジフットボールの「甲子園」 高校ラグビーの「花園」 サッカーの「国立」 その他いろいろと…ながい年月をかけ様々なドラマを生みだし「聖地」と呼ばれるようになっていきます。

その場所に立つために、いかなる努力も惜しまず
日々「聖地」を夢み、練習を積み上げているアスリート達。
だから「聖地」では
神がかりてきなプレーや
奇跡的なビックプレーが
うまれるのでしょう。

ジュニア綱引の場合、全国大会は愛知県―群馬県―神奈川県と移りかわってきました。大会地を固定すると、その地区の連盟や協会の方々に対する負担が大きくなりますし、様々な問題も出てくるのでしょう。しかし、ここはひとつ将来的な事も、考えていただきたい。(たしかに国体などは、もちまわりですが)

目指せ「○○アリーナ!」今の子供達も10年後の子供達も同じ「聖地」を目指し、練習に励むって カッコえー と思うんですが…

親子で同じ「聖地」に立つ。 夢があるなーと思うのは私だけでしょうか…
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 17:33 |
| comments(0) | - |
コメント
コメントする









カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
コメント
トラックバック
カテゴリー
バックナンバー
リンク
メンバー
その他
ページトップへ