綱引のすすめ





鈴小ジュニア綱引クラブ
役割分担
  


練習中に私のところからお母さんコーチのところへ子供が…。
「え?」

お母さんコーチと子供が救急箱へ・・・
「え?」

手の皮が少し剥けて、痛いらしい
「え?」

私がすぐそばにいたのに、わざわざ一番離れているお母さんコーチのもとへ

忘れ物をした子も、お母さんコーチに近づきボソボソ密談をしています。

私にばれると、練習させてもらえないから・・・

チームは家族と、よく例えられます。
真っ先に子供が頼るのは、やはりお母さん。


お母さんコーチのところに近づいていく子供
自分の中で解決できない問題が発生したのでしょう。

黙って、知らないふりをしときます。

それが役割分担。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:38 |
| comments(0) | - |
コメント
コメントする









カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
コメント
トラックバック
カテゴリー
バックナンバー
リンク
メンバー
その他
ページトップへ