綱引のすすめ





鈴小ジュニア綱引クラブ
7月31日本日の練習



日増しに、「真っ黒け」 になっていく子供達

夏の風物詩やなぁ。

ちゃんと宿題してから遊べよ。

相変わらずウダウダの暑さ…

一日中閉め切られた体育館の扉を開けると
「ムワァ〜」と熱気が溢れ出てきま。

こちらも夏の風物詩。

本日は夕立があり弱冠ましだったとはいえ、やはりエグイ…

そして本日も練習

4年生以下の子供達、大会まで後3回の練習。   

ここから劇的に強くなる事はないにしても

今までコツコツと練習してきた子供達に対しては、少々の期待を・・
(流石Nコーチ、なかなかやる子を一発で見抜きました)

まだまだチームではなく、寄せ集め集団に過ぎない下の学年達。

どれだけできるのか?

どれだけできないのか?

秘策は通用するのか?

「?」が多い分、楽しみも多い大会になりそう。


チビちゃん達が、ならんで練習しているのを見て
試合監督に就きたくなりました。
| 鈴小Jr監督 | 練習日記 | 21:54 |
| comments(8) | - |
夏合宿
今日から2泊3日の行程で中学生の息子が部活の夏合宿へ


私自身の夏の部活は、ろくな思い出がありません。

まさに「水飲むな!朝からドンブリバチ三杯は飯食え!」の時代。

監督やコーチの「それ本気で言うてんの?」と思わせる理不尽な言動。

きつかったよなぁ〜。

よ〜死なんかったこっちゃ。


あかん思い出したら吐きそうになってきた…


昨年迄、息子の部活は顧問の趣旨で
下手っぴ達はホッタラカシ「見て覚えろ」だったようですが
(見て覚えるなら私は今頃プロ野球選手になっとる)

今年からは顧問も代わり下手っぴ達も「やりながら覚えろ」になり
キツイなりにも充実した部活の時間を送っているようです。

今回の夏合宿、奴はフラフラになって帰って来るのでしょう

きつくても実のある合宿になれば、言う事なし。


綱引出身、フラッグ出身の一年生、おまえらもギガント・頑張れよっ!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:27 |
| comments(95) | - |
参加します
8月24日 堺市で開催される

「2008がんばれ小学生綱引選手権inSAKAI」に

我が 鈴小ジュニア綱引クラブ の4年生以下の子供達が参加します。
(それにしてもダラダラと長い大会名)


夏休み期間中の日曜日開催

人数が揃わず苦心していましたが
新人チャン二名とJコーチの御子息を加え
どうにかこうにか人数が揃い参加することになりました。

大会名よろしく、がんばりましょう。

  
  


昨日嫁ハンに 「アンカー誰がええと思う」 と聞かれ…

誰がやっても大差無いとは思うのですが…

あんまり下の子ら見てないし…

DNAからいくとJコーチの御子息になるのですが
いくらなんでも無茶やし…

「ん〜わからん」


今大会、新人チャンと2年生君を入れ
3・4年生のカテゴリーに出場します。

苦しいとは思いますが、なんとか1勝を
あわよくば予選突破を目論んでいます。

しかし、アンカーも未定

一人ひとりの力量も、あまり理解できていません

にもかかわらず嫁ハンは、もう列ばせたくてしょうがない。

この現状で

「どないせぇちゅうねん!」ってところですが…


一応、考えはあるんです。

それは…秘策にしときます。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:30 |
| comments(511) | - |
7月28日 本日の練習
本日は久しぶりに
OGちゃんが練習に顔を出してくれました。

部活も引退したことやし、「後は綱引一本やな」っと
言いたいところですが、勉強もしっかりやるんやで。

こちらは、いつ来てくれても OK やから
勉強の合間に顔だしてな。

待ってまっせ。

  


子供達も、指導する側も

緊張感をもって練習しないと
せっかくの やる気 が台無しです。

「仲良し」 と 「馴れ合い」 は違います。

お兄ちゃんコーチ達
しっかり頼むぞ、信頼して任せてるんやから。
| 鈴小Jr監督 | 練習日記 | 22:49 |
| comments(0) | - |
本日は練習なり

一応体操中の子供達

練習へ出向くと
一人は必ず調子が悪くなる

しかも練習する前から・・・

一人が調子を崩すと、やりたいこともできず
チームの士気にも関わります。

これからまだまだ暑くなります。
そして体調管理がますます難しくなります。

普段から自分の体調を理解するよう心がけていきましょう。


最後になりましたが

皆さん、お世話になりました。

また、相手したって下さい。

お願いしますね。



| 鈴小Jr監督 | 練習日記 | 23:57 |
| comments(7) | - |
明日は練習なり
明日の午前中は仕事の予定

そして夕方から神戸へ練習に・・・

鍛えられて来ましょう。


明日も、あっついんやろなぁ〜。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 22:52 |
| comments(25) | - |
7月24日 本日の練習



子供らの力量を考慮し、最大値が下がるのであれば、軌道修正もやむなしか…

思ったように (願ったようにの方が正しいかも)
個人的な力が伸びて来なかった子供達

全てをやりこなすには、やはり無理があったのか

期待と現実との差があまりにも大きすぎる。

これは子供達の問題もさることながら、私にも問題があることは確か。


もう既に修正できる時期は過ぎているのかもしれませんが
不安要素、不確定要素を多く抱えたままでは…

考えててもしょうがない。


今更ながらですが、少しいじくってみます。

ちょっとでも、良くなってくれれば…
| 鈴小Jr監督 | 練習日記 | 22:25 |
| comments(10) | - |
車内
月曜日の遠征、交通手段は車2台。

往復約2.5時間の行程でした。

我がボロボロの愛車には、嫁ハンと男の子達が

Jコーチのピッカピカの愛車には、Kコーチと女の子達が


男の子達は往復とも爆眠


女の子達も爆眠・・・とはいかず

行きは、ペチャクチャ、キャーキャー、しゃべくり大会

帰りは、ジブリ・ソングの大合唱大会…だったそうで。

練習では確か、ヘロヘロになっていたはずの女の子達。

しかし彼女達

練習のしんどさは無かったもんとして車中は楽しめる
割り切りの素早さには、恐れ入る。

将来は立派な 「どやかましいオバハン」 になれること間違いなし!


そら、さすがのJコーチも道間違うっちゅうねん。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 20:55 |
| comments(22) | - |
試練
昨日の練習、子供達は強烈な洗礼を受けて参りました。

途中リタイアした者1名
手の皮がめくれた者2名

ボロボロのヘロヘロにされた者多数

今回の練習
改めて子供達の気持ちの弱さと、綱引の下手さを痛感。

開始3本目で既に、顔色がなくなり、弱気の虫が出始め…

他所様の練習参加はホームでの練習とは違い
一人ひとりが甘えの許されない状況下におかれます。

その状況下では、相手に立ち向かっていく勇気と気持ちがないと
自分の精神的弱さに屈してしまいます。

慣れない環境、力を出し切る事もさせてもらえず
そのくせ疲労は普段よりも溜まり、もちろん精神的ダメージも蓄積され
益々気持ちの弱さに支配されていく…

そして情けないぐらい
闘争心のカケラも見いだせない姿になります。

そう昨日の練習のように…


練習でも試合でも同じです
トータル10本やろうが、3本やろうが
先ずは、目の前にある1本に集中しないと、前に進めません。

1本々々の大切さを理解することです。


ただ唯一の救いは
交代できる選手が居なくなった状況から最後まで練習をやり遂げたこと。
(それだけでも「よし」とすべきか)


日頃の練習から、要領をかましたり
自分の限界を出来るだけ低く設定し、逃避している子供には
非情なほどに辛い練習だったでしょう。

しかしこれからもっと厳しい練習が待ち構えています。


今からでも遅くはない

「練習はキツイもんなんや」と覚悟を決めろ

自分一人がキツイんとちゃう
覚悟が足らん、しっかり腹くくれ。

覚悟を決めたチームは、必ず強くなる。
| 鈴小Jr監督 | 練習日記 | 19:02 |
| comments(10) | - |
7月21日本日の練習
本日は夕方から子供達を連れ

「プログレス大阪」改め「K.C/SAKAI」 さんの練習に

お邪魔させて頂きました。


大先輩監督様並びにK.C/SAKAI の皆様

まだまだ個人レベルが低く、よわっちぃ子供達に
嫌な顔ひとつせず練習をつけて頂き ありがとうございました。

大変有意義な練習をすることが出来ました

感謝感謝です。


今回連れていった子供達
ほとんどの子が他所様の練習参加は初めて。

緊張とヘロヘロの練習模様については、明日にでも…。
| 鈴小Jr監督 | 練習日記 | 23:14 |
| comments(9) | - |
お祭り
今日と明日は日頃お世話になっている鈴原小学校で

「第20回 鈴原祭り」が行われます。

記念お祭りだそうで、19日18:00〜19:00には

これまた地元の高校と中学校の吹奏楽部によるセレモニーが
櫓の下で、執り行われる予定です。

お時間がありましたら是非。



6年生以上の子供達へ

久しぶりに、好きなもん食べ放題に飲み放題

腹こわさん程度に、楽しめ なっ!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 13:08 |
| comments(19) | - |
あほらしもないゎ
大分県、教育関係者の汚職事件

新しく赴任した校長が子供たちに発した言葉

「一緒に頑張ろう」

はぁ〜?

なんでおのれらの 「ケツふき」 のために

なんも関係の無い
というより被害者の子供たちが

がんばらな、あかんのじゃ!


許しを乞い
がんばらなあかんのは、どっちやねん!


そんな意識がある限り、善くなるわけがない。

ふざけるなよ!


ほんま、あほらしもないゎ。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:17 |
| comments(19) | - |
キャプテン
苦しい時、きつい時こそ、仲間を鼓舞し

厳しい言葉を受け止め

辛いことも率先し

常に前を向き続け態度で示す

チームメイトから信頼されるキャプテンになって下さい。


頼むぞ アヤカ ちゃん。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:04 |
| comments(34) | - |
7月17日 本日の練習
じっとしてても暑い体育館。

練習後の子供達は、風呂上がりみたいに頭びちゃびちゃ。

風呂上がりとの違いは、このアタマが異常なほど 「くっさい」 こと。

この臭さは、消臭剤でも無理ちゃうか?

まだ夏は始まったばかりなのに、この悪臭。

綱引の夏は、暑さとともにニオイとも戦わなければいけません。

これには、毎年苦戦中。





やつらの相手をするのも、かなり大変になってきた。

ええこっちゃ、ええこっちゃ。

 
しかし、今日は日本語がまともにしゃべれんぐらい

へろへろに・・・されてしまった。

決して日本語が苦手なわけでは、ありません。

疲れてた、だけですよ・・・たぶん。
| 鈴小Jr監督 | 練習日記 | 22:43 |
| comments(10) | - |
ほっと兵庫
本日7月16日付
毎日新聞 「ほっと兵庫」 NO.593号に

我が 「鈴小ジュニア綱引クラブ」 が掲載されています。

機会がありましたら、ちら見して下さい。


それにしても 愛想ないの

もうちょっと 笑顔 でたのむわぁ〜


   
| 鈴小Jr監督 | 記念 | 19:06 |
| comments(25) | - |
なんとかなるのか?
8月24日
「2008がんばれ小学生ジュニア綱引選手権 inSAKAI」 

と非常に長い大会名の大会が堺市で行われます。

ジュニア2・・・ 3・4年生の部 (2年生二人まで登録可能)

ジュニア3・・・ 5・6年生の部(4年生二人まで登録可能)

カテゴリーは2つ。


 我が 「鈴小ジュニア綱引クラブ」 

(5・6年生の部)
ちょっとシビアに先の事を考慮し、不参加。

(3・4年の部)
なんとかなるのか?

決して楽じゃない練習に
真面目に通っている下の学年の子供達。

参加の算段をつけてやりたいところですが
残念ながら人数不足。

そこで子供達、人数が足らないのを知って
クラスの友達を誘っているようです。

その甲斐あって先週から何名かの子供が見学に訪れています。

その子供達が入部してくれれば、下のカテゴリーへの参加は可能となります。

まずは、大会に出てみる、そんなキッカケも悪くないと思うのはこちらの勝手。

見学に来た子供達がどうするか次第・・・


   

夏休み後半の日曜日

毎年恒例の、夏の大会。
真っ黒に日焼けした子供達の、熱い戦いが繰り広げられる大会。

すでに、燃え始めている嫁ハン。

申し込み期限は今週末まで
締め切り期限が迫るなか

ほんまに、なんとかなるのか?
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:30 |
| comments(12) | - |
7月14日 本日の練習
無風の体育館
むせ返る暑さの中、練習で汗を流す。

これぞ、綱引の夏。

  
  


水分補給はまめに。

飲み物は、ようさん持ってこいよ。


みっちり練習して
しっかりご飯を食べて
睡眠をたっぷり取って…夏本番を迎え撃つ。

さぁ、これからだっ!


来週の月曜日は、遠征予定のため
5年生以下はお休み。

6年生以上
実のある夏にしようぜ!
| 鈴小Jr監督 | 練習日記 | 22:09 |
| comments(8) | - |
しむぅ〜
本日 午前中は 
「スポーツクラブ21すずはら」 の体育館事業担当日

午後からは
「フラッグフットボール」 前期最終の練習

ちなみに昨日は
飲み により、午前様

明日は所用のため4:00起き
しかも、その準備に今迄掛かり・・・


はよ寝な しむぅ〜
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 21:22 |
| comments(15) | - |
7月10日 本日の練習
ぼちぼち、ならんで練習をする時期に

一人ひとり特性も、特長も違う子供達を
列び替え、組み替えながら、チームの完成度を上げていく…

役割を理解させ、「一本の綱」 になるまでには、少なからず時間を要します。

現時点では、まだまだ個々の力に 「ばらつき」 があり
ラインの均衡が保てず、意味ない力の放出が目立ちます。


今はそれでええから、恐がらずに力を出し切れ。

少しづつ

意味のなかった力が集束され

意味を持ち始めるから。


| 鈴小Jr監督 | 練習日記 | 22:19 |
| comments(8) | - |
息づく

練習前
しょぼいドッジボールを見ては、笑い。

練習中
不甲斐なさに、怒鳴り、へこみ。
可能性を見つけては、ほくそ笑み。

練習後
補強運動を一緒にし、悶絶する。

子供達の成長に添える場所。

そこは、活きづき、生きづき、息づく場所。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:54 |
| comments(17) | - |
近畿大会 後見記
昨日、Wつかもっさん(本さんと元さん) に
大会のビデオ&DVDを頂きました。

あざ〜すっ!

早速、見てみることに…

先ずはビデオから
ビデオの音声が切れていることは、前以て聞いていたのですが
改めて見てみると、何とも不思議な感じに仕上がっていました。


次はDVDを
コチラは音声つきで、いつもの大会会場の雰囲気。
臨場感が伝わってきました。


どちらも、私の見たいところがバッチリと撮れていて
資料として使わせて頂きます。


とりあえず、見ていて気付いた点を、一ヶ所だけ・・・

「お前らぁ〜綱の出どころそこちゃうやろっ!」


追記〜

本さんの方のビデオに、めちゃめちゃ懐かし映像も入っていました。

その記事は…また後日
| 鈴小Jr監督 | 大会記 | 22:26 |
| comments(0) | - |
近畿大会 後聞記
[インタヴュー]
 
先ずは、昨日練習一番乗りの
コトコちゃんから

「昨日(日曜日)優勝したらしいなぁ」

 ニヤニヤ しながら 「……はい」

「どないやった?きつかったか?」

 モジモジ しながら 「……」

「やられそうな試合あった?」

 クネクネ しながら 「……」

「コーチに怒られへんかったか?」

 更にクネクネ しながら「……う……ん」

「そっかぁ…それは良かった…」


二番手は、お待たせしました シュウセイ

「優勝したらしいなぁ」

 ヘラヘラ しながら 「えっあっ、はい」

「きつい試合あったか?」

 ヘラヘラ しながら 「ん〜べつに…」

「ほ〜やるやんけ、負けそうな感じはなかったんやな」

 ヘラヘラ しながら 「負ける気は、あんまりせんかった」

「おー、スーパーネガティブなお前からそんな言葉を聞くとは
 その 言 よしっ!コーチから怒られることはなかったか?」

 ヘラヘラ しながら 「怒られはせんかったけど
            ちょっとアドバイスはされたかなぁ…」

「かっこええやんけ、アドバイスって」

 ヘラヘラ しながら「うっふっふ…」

「気持ち悪いねん」


実際には…
1試合目が終わったあとNコーチはかなり怒ったそうです。

それをアドバイスと解釈するヤツの頭の中はいったいどうなっているのか?


[お前か]

余るはずないシューズカバーが
片方だけ放置されているのを、選手の子供が見つけ
Nコーチに報告を入れたところ…

前方に片方だけシューズカバーを履き、意気揚々と試合へ向かう
シュウセイ を発見したそうで…

犯人はお前かぁ!

ヤツの頭の中は、かなり沸いてきているようです。


[感謝]

子供達が褒められるのは、子供達以上に指導者は嬉しいもの

それも、よそ様のチームの方から
「あの選手ええなぁ」と言われると、思わず相好を崩してしまいます。

今大会では、いろんな方々から お褒めのお言葉 を頂戴したようで…

ここで、今大会の

「御褒めのお言葉」頂戴しましたランキング〜

第1位 マユちゃん !   うん、流石よう分かってくれてる。

同率第2位 コトコちゃん!  初めてやったアンカーで、よかったなぁ。

同率第2位 なんと、シュウセイ! こちらは、いかがなものかと・・・


他のチームメイトの頑張りがあればこそ
たくさんの方々が見てくれ、評価して頂けたのだと思います。

他の子達もみんな頑張ったんやで
そこんとこ忘れんとなっ。


褒め言葉を頂けるだけで、やってて良かったなぁと思えます。


今の子供達は褒めて伸ばせと言われ、なんでもかんでも褒められる風潮に。

だから、メリハリもなく調子に乗り、ツケアガル子供がふえる。


その風潮とは逆行するうちの子供達

褒め下手の私から罵倒され、帰れ、やめてまえ、っとまで言われても
歯をくいしばり、踏ん張ってきた子供達です。

その子達を、手放しで褒めてくれる大人の人達がいるだけで

やつらは報われます。

それだけで、救われます。

ほんま、感謝感謝です。ありがとうございました。

   
| 鈴小Jr監督 | 大会記 | 20:17 |
| comments(8) | - |
近畿大会 後聞記
[お世話になりました]

6年生の女の子が開会式で体調不良になったそうで…

消防チームの皆様、大会関係者の皆様
救護、有難うございました。

救護の甲斐あって、試合にも出場出来たそうで。

彼女は、昨日も元気に練習をしていました。

有難うございました&お世話になりました。


[寂しいなぁ]

ジュニアの部参加チームが
我がチームを含め4チームと非常に少なかったそうで。

近畿大会なのに、参加していたのは開催地兵庫県のチームだけ。

女子チームも参加は大阪だけだったそうで

寂しいなぁ。

[ご苦労さん]

今大会
レベル差の大きい4〜6年生の子供達で、チーム編成をしていたため
危ないやられ方をするんじゃないかなぁと危惧していました。

しかしながら、6年生達が下の子供達をしっかりとフォローしてくれたようで
誰ひとりケガをする事なく無事帰宅。

そして全勝優勝のおまけつき。

誉めてしんぜよう。

ご苦労さん。




大会関係者各位様、参加チームの皆様
お疲れ様でした&ありがとうございました。
| 鈴小Jr監督 | 大会記 | 19:27 |
| comments(26) | - |
7月7日 本日の練習
本日は たなばた さん

先週の木曜日に子供達は
毎年恒例の、スワンホールに用意されてある
短冊に願いを書き込み、せっせと笹に取り付け、願い事は完了済。

願いは叶う…ん〜たぶん…


たなばたイヴ の昨日

近畿綱引選手権大会が行われ

我らが鈴小ジュニア綱引クラブがジュニアの部で
見事!優勝!いたしました。

パチパチバチ…


昨日大会に参加した子供達全員、本日も練習参加。

6年生達は、疲労が蓄積されてきたのか
調子も今ひとつ、ふたつ。

こんな日もあると、早めに練習も切り上げ終了。

お疲れさん。

大会詳細、後聞記は明日にでも。


一方
フラッグフットボール西日本シニアオープントーナメントの方は

公式戦2戦2敗  交流戦1戦1敗  しめて3戦3敗

灼熱のスタジアムに飲み込まれ、敗北の山を築きあげてきました。


勝ち星に見放され、スタミナは早々に底を尽き
挙句の果てに、打ち上げを予定していた店は定休日…

通算成績 1勝多敗

次こそは・・・

もうちょっと頑張ってみます。
| 鈴小Jr監督 | 練習日記 | 22:34 |
| comments(9) | - |
早朝特訓
気合の早起き

Quiet Riot − Cum On Feel The Noize

Twisted Sister −We’re Not 
                Gonna Take It


乗りのええ ヘビメタ を聴き
メンタルトレーニングゥ〜

今日は頑張るぞ!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 06:51 |
| comments(20) | - |
頑張っといで
明日の綱引大会

4年生2名を急遽加え、午前中は10名で、午後からは9名で挑みます。

急な召集に応じてくれた2名には感謝。


オープン参加の大会へは
練習の多い子供から召集するのが妥当なところ。

本来なら3年生2名の方が練習参加実績が高いので
メンバーに加えるべきなのですが

大会要項が4年生以上となっているため
4年生2名に声をかけたのが実状。

一昨日の練習でも
4年生が入ると、怪我をしないか心配になる程、ひどい状態に。

久しぶりに見た、危ない引かれかた。


大会に参加する子供達にはコーチの言う事をよく聞いて
怪我なく無事に帰って来てほしい。


練習でやってない事、出来なかった事は
試合でも、できません。

また練習で出来た事でも
試合では出せなかったり、やらせてもらえない場合が多々あります。

しかし、全てが出来ないわけではありません。

出来る事が必ずあります。

その出来る事を一人ひとりが精一杯やれば、それでOKです。

それが今大会参加の最大の目標です。


4年生達も、自分達の出来る事を精一杯やれればそれでええねんから
臆することなく頑張っといで。

この大会をきっかけに子供達に、なにか変化があれば しめたもの。

せっかく行くんやから
なにか学んで帰ってこいよっ!



綱引大会用の準備は完了。

後は、自分の用意だけ

明日は、お互いに 頑張ろうぜ!!
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:50 |
| comments(23) | - |
エール
息子 「日曜日、綱引行かんとフラッグの試合行くん?」

父  「お前、母さんや、つか○っさんみたいに、痛いとこ突くのう」

息子 「どこでやるん」

父  「王子」

息子 「父さん、どこやるん」

父  「RBかなぁ?わからんけど」

息子 「真っすぐしか走られへんのに?へへへ…」

父  「うぐっ…うるさいわ」

息子 「ほんで試合は勝てそうなん?」

父  「あたりまえやんけっ!」

息子 「…フッ…まぁ頑張りな」…息子そのまま風呂へ   

父  「…」


そのフッ?てなんや
まぁ?ってどういう意味なんや

どんだけぇ〜高いとこからもの言うとんねん、っと思った父ですが…

息子から辛口のエールを頂戴したと思い
父としてプレイヤーとして、そして何よりも息子と同じ男として
なんとかしなくては…





息子は、なにも分かっていないのです。
うちのチームの恐ろしさを…


キンチョールのCMに出てくるトヨエツばりに
「ぃやらしいやろ〜」っな
プレイを考案する策士がいることを・・・

稲妻レッグラリアートを喉に喰らっても走るのを止めなかった
肝っ玉女性プレイヤーがいることを・・・

中学生の大会やっちゅうのに
本気でパスコースを走った揚げ句、見事にひっくりかえり
子供らより泥んこになった、オッサンがいることを・・・

仕事中にプレーを考え
仕事しろって怒らている 二児のパパがいることを・・・

ここには書く事ができない 「イッタイ」 オッサンがいることを・・・


どや、ビビったか。


そんなチームが負けるわけない! ・・・のか
   
そんなチームやらか負けた!・・・のか 
   

結果は後日…
| 鈴小Jr監督 | フラッグ・フットボール | 18:42 |
| comments(22) | - |
7月3日 本日の練習
先週から
「今日(3日の木曜日)は絶対ラインの練習せなあかん!」
と子供達よりも張りきっていた ライン練習が大好きなお母さんコーチ。

あんまり ウルサイ ので、本日はライン練習を少々やっときました。

最初は「想定の範囲内」のバラバラ度。
まぁこんなもんやろぅ。

「ちょっと待てよ、このラインで 6年生が一人抜けて
4年生が代わりに入って順番を入れ替えて…」

「想定の範囲外」のバラバラ度に。

うゎ、どないしょ…

後は当日、NコーチJコーチに任せましょ。

6年生と5年生以下との「タマ」 の違いも痛感。

頼むぞ6年生たち
今大会はお前らの頑張りにかかってるんやぞ。

  

練習後子供達に
今回の大会に私は同行出来ないと伝えたところ・・・

子供達に「ラッキー!」的な雰囲気を感じ取ってしまったのは
私の ヒガミ 根性からか?

お前らちょっと、つれないんとちゃうかぁ。

とはいうものの同行出来ないのは事実。

ここはグッとこらえて

「頑張ってこいよ〜、お前ら 」

「挨拶ちゃんとしろよ」

結果報告楽しみにしとくからな。


それにしても、今日の体育館は 暑かったなぁ。

子供らは汗だく
シャワーを浴びたみたいになって

すっぱい刺激臭を撒き散らしやがって、くっさいねん。

あかん、今年もまた臭い季節の到来か!
| 鈴小Jr監督 | 練習日記 | 22:07 |
| comments(8) | - |
今日この頃


現在、「鈴小ジュニア綱引クラブ」のOB2名が
子供達の指導を手伝ってくれています。

彼らは、綱引クラブの創設期を支えてくれた子達で

ずうたいは、でかくなっても
当時の面影はそのままに かわいい やつらです。

因みに、頭の中身もそのまんま。


やつらが小学生だった当時は、

試合に、出ては負け、出ては負け、の繰り返し。

しかし彼らは、諦めることなく
私をはじめコーチ達を信頼し、キツイ練習にも必死でついて来てくれました。


ほんまに弱かった彼らが
最後の最後、引退試合の大会で優勝した時は、ほんま嬉しかったなぁ。


綱引クラブの礎 となった彼らが

当時の自分達と今の子供達とを重なり合わせ
「思い悩む姿」 は、ほほえましいかぎり。


いっぺん彼らと一緒に、大会参加してみたいと

真剣に思い始めた、今日この頃です。
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:35 |
| comments(14) | - |
足元から
期末テストから解放された中学生達が、月曜日の練習から復帰。

中学生達が参加すると
安心感があるのか6年生達が落ち着いた感じになります。

比較的個々の調子も安定しだし、感触的には悪くない。


しかし弱冠心配なのが・・・

月曜日の練習を欠席した男子

調子の波が大きく、練習量にも不安が残る。

かなり危機感をもって練習に取り組まんと、みんなに置いていかれるぞ。


しっかりと足元を固めて練習をしないと
浮ついた状態では、何も身につきません。

地に足つけた練習をしているかどうか

勝負がかった試合で 「もの言う」 のはその部分
怠る者には、何も与えられず、何も残りません。

まずは、意識の足元から・・・

   
| 鈴小Jr監督 | 雑記 | 19:48 |
| comments(18) | - |
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< July 2008 >>
最近投稿した記事
コメント
トラックバック
カテゴリー
バックナンバー
リンク
メンバー
その他
ページトップへ