綱引のすすめ





鈴小ジュニア綱引クラブ
近畿大会 後見記
昨日、Wつかもっさん(本さんと元さん) に
大会のビデオ&DVDを頂きました。

あざ〜すっ!

早速、見てみることに…

先ずはビデオから
ビデオの音声が切れていることは、前以て聞いていたのですが
改めて見てみると、何とも不思議な感じに仕上がっていました。


次はDVDを
コチラは音声つきで、いつもの大会会場の雰囲気。
臨場感が伝わってきました。


どちらも、私の見たいところがバッチリと撮れていて
資料として使わせて頂きます。


とりあえず、見ていて気付いた点を、一ヶ所だけ・・・

「お前らぁ〜綱の出どころそこちゃうやろっ!」


追記〜

本さんの方のビデオに、めちゃめちゃ懐かし映像も入っていました。

その記事は…また後日
| 鈴小Jr監督 | 大会記 | 22:26 |
| comments(0) | - |
近畿大会 後聞記
[インタヴュー]
 
先ずは、昨日練習一番乗りの
コトコちゃんから

「昨日(日曜日)優勝したらしいなぁ」

 ニヤニヤ しながら 「……はい」

「どないやった?きつかったか?」

 モジモジ しながら 「……」

「やられそうな試合あった?」

 クネクネ しながら 「……」

「コーチに怒られへんかったか?」

 更にクネクネ しながら「……う……ん」

「そっかぁ…それは良かった…」


二番手は、お待たせしました シュウセイ

「優勝したらしいなぁ」

 ヘラヘラ しながら 「えっあっ、はい」

「きつい試合あったか?」

 ヘラヘラ しながら 「ん〜べつに…」

「ほ〜やるやんけ、負けそうな感じはなかったんやな」

 ヘラヘラ しながら 「負ける気は、あんまりせんかった」

「おー、スーパーネガティブなお前からそんな言葉を聞くとは
 その 言 よしっ!コーチから怒られることはなかったか?」

 ヘラヘラ しながら 「怒られはせんかったけど
            ちょっとアドバイスはされたかなぁ…」

「かっこええやんけ、アドバイスって」

 ヘラヘラ しながら「うっふっふ…」

「気持ち悪いねん」


実際には…
1試合目が終わったあとNコーチはかなり怒ったそうです。

それをアドバイスと解釈するヤツの頭の中はいったいどうなっているのか?


[お前か]

余るはずないシューズカバーが
片方だけ放置されているのを、選手の子供が見つけ
Nコーチに報告を入れたところ…

前方に片方だけシューズカバーを履き、意気揚々と試合へ向かう
シュウセイ を発見したそうで…

犯人はお前かぁ!

ヤツの頭の中は、かなり沸いてきているようです。


[感謝]

子供達が褒められるのは、子供達以上に指導者は嬉しいもの

それも、よそ様のチームの方から
「あの選手ええなぁ」と言われると、思わず相好を崩してしまいます。

今大会では、いろんな方々から お褒めのお言葉 を頂戴したようで…

ここで、今大会の

「御褒めのお言葉」頂戴しましたランキング〜

第1位 マユちゃん !   うん、流石よう分かってくれてる。

同率第2位 コトコちゃん!  初めてやったアンカーで、よかったなぁ。

同率第2位 なんと、シュウセイ! こちらは、いかがなものかと・・・


他のチームメイトの頑張りがあればこそ
たくさんの方々が見てくれ、評価して頂けたのだと思います。

他の子達もみんな頑張ったんやで
そこんとこ忘れんとなっ。


褒め言葉を頂けるだけで、やってて良かったなぁと思えます。


今の子供達は褒めて伸ばせと言われ、なんでもかんでも褒められる風潮に。

だから、メリハリもなく調子に乗り、ツケアガル子供がふえる。


その風潮とは逆行するうちの子供達

褒め下手の私から罵倒され、帰れ、やめてまえ、っとまで言われても
歯をくいしばり、踏ん張ってきた子供達です。

その子達を、手放しで褒めてくれる大人の人達がいるだけで

やつらは報われます。

それだけで、救われます。

ほんま、感謝感謝です。ありがとうございました。

   
| 鈴小Jr監督 | 大会記 | 20:17 |
| comments(8) | - |
近畿大会 後聞記
[お世話になりました]

6年生の女の子が開会式で体調不良になったそうで…

消防チームの皆様、大会関係者の皆様
救護、有難うございました。

救護の甲斐あって、試合にも出場出来たそうで。

彼女は、昨日も元気に練習をしていました。

有難うございました&お世話になりました。


[寂しいなぁ]

ジュニアの部参加チームが
我がチームを含め4チームと非常に少なかったそうで。

近畿大会なのに、参加していたのは開催地兵庫県のチームだけ。

女子チームも参加は大阪だけだったそうで

寂しいなぁ。

[ご苦労さん]

今大会
レベル差の大きい4〜6年生の子供達で、チーム編成をしていたため
危ないやられ方をするんじゃないかなぁと危惧していました。

しかしながら、6年生達が下の子供達をしっかりとフォローしてくれたようで
誰ひとりケガをする事なく無事帰宅。

そして全勝優勝のおまけつき。

誉めてしんぜよう。

ご苦労さん。




大会関係者各位様、参加チームの皆様
お疲れ様でした&ありがとうございました。
| 鈴小Jr監督 | 大会記 | 19:27 |
| comments(26) | - |
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< July 2008 >>
最近投稿した記事
コメント
トラックバック
カテゴリー
バックナンバー
リンク
メンバー
その他
ページトップへ