綱引のすすめ





鈴小ジュニア綱引クラブ
徒然 全日本 14日 15:00〜
14日
『2008全日本ジュニア綱引選手権大会』終演

15:00 決勝戦〜
予選の初っ端に対戦した
愛媛県 「玉津ゴットボーイズ」との再戦 
我がチームにとっては、理想の展開。


準決勝戦苦戦のおかげで
予選の時よりも、グッと引き締まった我がチーム。

ここまでくれば、あとは目に見えない要素をどれだけ持っているかが勝負。

負けるはず無し!

15:03 三本引き〜
二本先取で優勝の 一本目

お互いにステディまでの準備も早く
張りはりの状況ですぐにプルッ!

今まで見たこともないような
気合いと共に強烈に力強いラインで引いていく、我が子達。

「よおーし!」

圧倒的な強さを発揮し、開始21秒で1本目を先取。

15:04 選手交代〜
疲労も少ない状況でしたが、3番と9番を選手交代。

9番が入ると 344kgと軽くなってしまうのですが
今までチーム最軽量ながらも、コツコツと誰よりも努力を続けてきた女の子。

この子を信じれずに誰を信じる。 Nコーチ、渾身の采配。

レーンが替わり

15:05 二本目〜
気負いと焦りから、1本目とうって変わって安定感のないライン。

行ったり来たり、フラフラのライン・・・
しかしここは強引でもなんでも引くしかない。

「アンカー勝負や!リョウッ!行けっ!」

「うおおおー」
アンカーが雄叫びをあげながら、ラインを下げ引いていきます。

シリモチをつこうが、ラインが崩れようが、お構い無しに引きずっていく
それにつられ、みんな必死の形相で引いていく…

開始35秒後

「ピッー」周囲の大声援を掻き消す、一際大きなホイッスル。

一瞬の静寂後、弾かれたように両手を突き上げる子供
うずくまる子供、抱き合う子供…鳴咽…歓声…

今まで夢見てきたことが現実へ変わり、これまでの苦労が吹っ飛ぶ瞬間。

両チーム挨拶を終え

我がチームの子供達をお出迎え

どの顔も くしゃくしゃ のええ顔や

また次、頑張れば・・・の許されないリアルな勝負で
みんな、よく頑張ったなぁ
  
  


15:20 表彰式〜
金メダルをぶら下げ、ご満悦。

  


15:40 閉会式〜
トップモデルなみの撮影会。



頼むから、もっと嬉しそうにしてくれよ。

16:20 会場を後に〜意気揚々と!

16:40 バス内〜
Nコーチの音頭で かんぱ〜い  一路伊丹へ
  
  

15日
00:00 鈴小近く〜

無事、到着…


今大会にて4名が引退・・・


2008全日本ジュニア綱引選手権大会

MJ3 男子360kgクラス

優勝 鈴小ジュニア綱引クラブ


| 鈴小Jr監督 | 全国大会 | 19:40 |
| comments(10) | - |
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< September 2008 >>
最近投稿した記事
コメント
トラックバック
カテゴリー
バックナンバー
リンク
メンバー
その他
ページトップへ